米国政府、韓国Samsungに最大9,800億円の支援を発表 半導体産業の国内強化が目標

米国政府は15日、半導体産業の国内強化を目指し、韓国のSamsungに対して大規模な支援を表明しました。この支援には、テキサス州に建設予定の新工場と研究開発拠点に最大64億ドル(約9,800億円)の補助金が含まれています。

半導体供給網のアジア依存を減らすことを目的としており、経済安全保障の観点からも重要だとされています。レモンド米商務長官は、アジアに偏重している現在の供給網が米国の安全保障を脆弱にしていると強調し、この新たな投資が長期的な安定につながると述べました。

Samsungはこの計画に基づき、総額400億ドル(6兆1,000億円)を投じて米国内に先端半導体の総合的な研究・開発・製造拠点を設置する予定です。具体的には、テキサス州テイラーに位置する新工場では、先端2ナノメートル及び4ナノメートルのロジック半導体を製造する予定で、2026年から2027年にかけて生産を開始する見込みです。

また、完成工程の先端設備も2027年に稼働予定で、人工知能(AI)向けの次世代DRAMの開発も進められます。これに加えて、オースティンにある既存の拠点も拡充し、高性能な半導体ウエハーを防衛産業や航空産業向けに安定供給する体制が整います。

米国内での半導体生産強化は、国際的な供給網の多様化と国内技術力の向上を図る重要なステップとされています。4月8日には台湾積体電路製造(TSMC)の新工場に最大66億ドルの補助を、3月にはIntelに最大85億ドルの補助を発表したばかりです。

米国政府、Intelに対して総額195億ドルの財政支援を発表

3月20日、米国政府は経済安全保障を強化するため、Intelに対して最大85億ドル(約1兆2,800億円)の補助金を含む総額195億ドル(約2兆9,400億円)の財政支援を発表しました。この支援は、アリゾナ州とオハイオ州における先端半導体工場の新設プロジェクトを支援するものです。

今後5年間で総投資額が1,000億ドル(約15兆1,000億円)に達する予定であり、ニューメキシコ州での3次元実装に対応する先進パッケージング工場の立ち上げや、オレゴン州での半導体研究開発施設の拡張も含まれます。

この支援策は、「CHIPS and Science Act(CHIPS法)」に基づくもので、米国内での半導体製造能力の向上を図るために設計されました。政府の支援は補助金の提供に加えて、最大110億ドル(約1兆6,600億円)の融資も含まれており、Intelはこの資金を活用して、国内での半導体供給能力を強化する見通しです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る