2030年開業予定の大阪IRに阪急阪神HDが参画 小規模株主が22社に増加

大阪市の夢洲に予定されているカジノを含む統合型リゾート(IR)計画「大阪IR」への出資が、関西の主要企業によって進められています。オリックスとMGMリゾーツの日本法人が主要な出資者で、それぞれ約40%を出資しているほか、関西地域の20社が参加しています。

このたび、阪急阪神ホールディングスの子会社、阪急阪神不動産も出資を決定しました。2030年秋の開業を目指し、阪急阪神ホールディングスは「関西経済に貢献したいため」と参画理由を説明しています。

阪急阪神ホールディングスの参画により、関西の主要な鉄道企業全てがIRプロジェクトに参加することとなりました。阪急阪神不動産のほか、阪和興業が出資を決めたことで、小規模株主は22社となり、出資規模は約15%から約17%へと増加しました。

ネット上では、「万博とIRで関西復活」「IRには少し期待している」「下らないところに投資して後々負の施設にならなければ良いがな」「どうせ失敗する」など、賛否の意見が寄せられています。

統合型リゾート(IR)とは?2016年に「IR推進法」が成立

IRとは、カジノやホテル、劇場、国際会議場、展示会場などのMICE施設、ショッピングモールを含む複合施設のことです。21世紀に入ってから、日本でもラスベガスやマカオのような大規模集客施設の構想が進んでいます。

2002年には超党派の議員連盟が発足し、2013年と2015年にはカジノ解禁を柱とした「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」が国会に上程されました。この法案は2016年に「IR推進法」として成立し、2018年には「IR実施法案」が閣議決定され、同年7月20日に法律が成立しました。

大阪に計画されているIRは、大阪IR株式会社(合同会社日本MGMリゾーツとオリックス株式会社が中核株主)が設置・運営します。国際競争力を有するIRを実現するため、MGMのノウハウとMICE、観光、エンターテイメントなどの分野で実績を持つ協力会社と共に開発されます。

また、ギャンブル依存症対策や治安・地域風俗環境対策にも力を入れており、世界の先進事例を取り入れつつ大阪独自の対策を講じています。IR事業の実現には、新型コロナウイルス感染症の影響や国の詳細制度設計などの不確定要素がありますが、公民連携を進めることでこれらの課題解決に取り組んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る