前澤友作氏がFacebookの日本トップに公開質問 警察に対応と捜査を要請

実業家である前澤友作氏が、詐欺広告についてFacebook Japan代表の味澤将宏氏に公開で質問を投げかけたことが話題となっています。この問題提起は、4月4日に前澤友作氏が自身の公式X(旧Twitter)アカウントから行いました。

前澤友作氏は特にFacebookとInstagram上で無断で自らの画像が使用され、詐欺広告が広がっている現状について触れています。XではFacebook Japan代表の味澤将宏氏に対し、「御社のFacebookとInstagram上での詐欺広告が大きな社会問題になってますが、今後どのようにこの件対応される予定ですか?多くの方が詐欺被害に遭い、多くの著名人が写真などを詐欺広告で無断使用されています」と指摘しました。

詐欺広告とは、芸能人や著名な経営者、投資家の画像を無断で使用し、まるで彼らが特定の投資を推奨しているかのように見せかける広告のことを指します。これらの広告をクリックすると、被害者はメッセージアプリのグループチャットに誘導され、そこで口座開設を強く勧められます。

多くの場合、被害者は業者の指示に従い投資を行い、最終的には業者と連絡が取れなくなり、金銭を騙し取られたことに気付くという流れです。前澤友作氏は、すでに3月20日に開設した詐欺広告被害の通報窓口に寄せられた188件、総額約20億円の被害について、警察に対策と捜査を要請しています。

さらに、SNS事業者が詐欺広告を見過ごしていることについても問題視し、詐欺の幇助にあたる可能性があるとして警察に報告しています。この問題への対応が、今後のSNS上の広告運用にどのような影響を与えるのか、注目が集まっています。

堀江貴文氏もSNS上の投資詐欺広告を指摘 「スーパー迷惑ですよ」

実業家の堀江貴文氏は3月10日、自身を無断で利用したSNS上の投資詐欺広告について、TBS「サンデー・ジャポン」で強い不満を表明しました。Facebookなどで自らの写真や名前が使用されていることに対し、以前からMeta社に削除を求めていたとのことです。

また、同社のAI判定システムが適切に機能していないと批判しています。「ポンコツAIなんだよ、それが。無数の人たちが、これは詐欺広告ですと申請出してるのに『これ大丈夫です』みたいな反応をずっと返してきてる」と怒りをあらわにしています。

さらに、堀江貴文氏の正規の広告までもが詐欺と誤認され、表示されなくなる事態が発生しました。これにより、堀江貴文氏のビジネスに大きな影響が出ており、売り上げが大幅に減少しているとのことです。「スーパー迷惑ですよ」と指摘しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の河合優実氏が主演した山中瑶子監督の映画『ナミビアの砂漠』が、第77回カンヌ国際映画祭で国際映画…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る