タグ:カフェイン

  • 「大人は「モーニングコーヒーでうつ病リスクが低下」 子どもはお茶1杯でもカフェイン中毒の可能性」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    子どものカフェイン中毒 コップ1杯のお茶でもリスクあり

    最近問題になっている「子どものカフェイン中毒」。実際、救急搬送されている例も少なくありません。中には死亡された方もいるほどです。カフェインはどれくらいまでなら「安全」といえるのか。カフェイン中毒になったらどんな症状が出てくるのか。「子どものカフェイン中毒」について一緒に考えていきましょう。(ライター:秋谷進)

最近のおすすめ記事

  1. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…
  2. 静岡県の川勝平太知事は4月2日、自身の辞意を表明しました。午後6時から始まった会見で「職業差別は皆無…
  3. Samsung(サムスン)電子ジャパン株式会社は3日、ハイブリッド型のAI技術を搭載した最新フラッグ…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る