今年の2月末に亡くなった伯母は、弱音を吐かない人でした。弱音を吐かない、というよりも弱音を感じる感覚が少ない人、と言った方が正しいかもしれません。

初孫ということで祖母に異様に可愛がられていた私は、家の手伝いをさせてもらえませんでした。母は洋服ひとつたためない私を心配し、実の姉である伯母に学校が長期休みに入ると、預けるようになりました。この結果、私は鳥のヒナのように伯母の後を追いかける子どもとなってしまったのです。

触れなかったハサミや包丁を、やりたいと言うと伯母は持たせてくれます。できないとスッと仕上げてしまうので、子ども心に非常に悔しく感じました。次は絶対成功させようとスイッチが入るため、自然とハサミも包丁も使えるようになっていきます。

伯母のすごかったのは、実技というより作業時の心構えを教えてくれるところでした。

「洗濯物でもね、洗い物でもね、やろうと思って難しいことはないのよ」

そう言いながら家の用事を済ませている伯母を見ると、大抵のことは簡単にできるものという考えが心身にしみ込みます。その考えは、学校での勉強や社会で働く際に心を支える、楽天的な性格を形作る核となりました。

これだけだと、伯母が「鉄の女」のような印象を持たれるかもしれませんが、違います。伯母は「鉄の女」なのではなく「柔軟な女」なのです。物事は難しくないと言いながら、人によってやり方や感じ方が違うと考えており、決して相手に無理強いをすることはありませんでした。

私が「さほど難しくない」作業が出来なくても、叱りもしませんし、不満も言いません。

指導をする場合、どうしても上手くいかないことを指摘しがちになりますが、伯母はできたことをものすごく喜ぶのです。いつかできるようになるし、できない間は他の人がやればいいのだから、というのが伯母の考えでした。

・できないと当たり前のように伯母にやられるのが悔しい
・できて報告すると我が事のように褒められるのが嬉しい

この2つの感情は、楽天的な私を育む核となりました。

学校の長期休暇の間、伯父は会社ですし、従兄弟はアルバイトに明け暮れておりましたので、昼間は伯母と2人きりです。最初の頃は寂しかろうと近所の同年齢の子どもを探してきてくれましたが、伯母と家事を共に行い喋ることを好む私を見て、無理に遊び相手を探さなくなりました。

特に仲が悪かったわけではなく、仲の良い家族だったのに、時間があると伯母を求め、泊まりで遊びに行きました。大人と子どもという枠ではなく人として伯母が好きだったのです。

去年の夏に倒れた伯母を発見し、病院に付き添いましたが、タクシーから降ろす伯母はとても軽く、常に元気で病気をしたことのない伯母とは思えない変わりようでした。

すっかり軽くなった伯母ですが、タクシーで病院に向かう途中も「あんた、今日はいい靴履いているねぇ」と褒めてきます。私も負けずに「伯母さん、よく気づいたねぇ。十分元気だ」と笑いながら背中をさすり続けました。

病院に着くまで、伯母も私も辛くても悲しくても笑い合っていました。泣いてたまるかという楽天家特有の負けん気が発動したのです。

入院、施設への入居は、家族以外は付き添えないため、全く立ち会えませんでした。施設の面会は、当時のご時世から入り口でガラス越しでしか会えませんでした。

楽天家とは言うものの、生きていく上で辛い出来事はどうしても起こります。そのたびに伯母はプラスの発言をして私を支えてくれました。その伯母も今はいませんが、私は毎日を笑って生きています。日々面白いと思うことを新たに発見できるのは、目に見えない伯母が私の中で心を支えてくれているからでしょう。

今、私はnoteというプラットフォームで「毎日note」という活動をしています。「反省しなくてもいい人が反省し生きにくい世の中」だと感じたため、真面目に生きる人達に少しでも明るい話題を届けたいと思ったからです。

少し、間の抜けたクスリと笑える文章を毎日読んでもらうことで、心が明るくなる人を増やしていけたら、と思っています。この考えは伯母が育んでくれたものであり、伯母がいなかったら「毎日note」は始められなかったと思います。

毎日、なにかしらのメッセージを投稿することで、私の世界は広がりました。伯母は私の中で、今も楽天家の師匠として生き続けてくれています。

ライター名:はそやm(はそやん)

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る