草津町の元女性町議が性被害をでっち上げ 支援していた一般社団法人が謝罪と訂正

2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけは、元町議が町長との性的関係を告発した内容を含む電子書籍『草津温泉 漆黒の闇5』の出版でした。

この告発は後に虚偽であることが明らかになり、現在も刑事・民事裁判が進行中です。元町議の新井祥子氏は性被害を町議会で訴えましたが、その後解職に至るまでの経緯は国内外からの批判を集めました。特に、性暴力の告発者への対応が「セカンドレイプ」として問題視されています。

町長の黒岩信忠氏は告発を一貫して否定し、新井祥子氏と電子書籍の作者に対して名誉毀損罪で告訴しました。2023年2月に始まった飯塚玲児被告(電子書籍の作者)の刑事裁判では、2024年1月22日に懲役1年、執行猶予3年の判決が下されています。

ネット上では、「こういう事があるから本当に被害にあった方が困る」「虚言に対してどう対処するべきか」「冤罪で虚言癖女の言葉で人生狂わされてる人も大勢いることを知ってほしい」などの意見がみられました。

新井氏を支援していた「一般社団法人Spring」が謝罪と訂正

群馬県草津町で起きた性被害の虚偽告発騒動において、元町議である新井祥子氏が、黒岩信忠町長から性被害を受けたとの告発が虚偽であったことを民事裁判中に認めています。新井祥子氏を支援していた性被害の当事者団体「一般社団法人Spring」は、12月5日に支援撤回と共に謝罪を公表しました。

団体は以前、「レイプの町草津」などとSNSで発信していましたが、これを「行き過ぎた表現」とし、草津町長や草津町の関係者に対して謝罪しました。新井祥子氏の虚偽の訴えに連帯の意思を示していたことも撤回し、草津町に対する誤った表現についても謝罪しています。

「性暴力の虚偽の訴えは、名指しされた方の人生を大きく狂わせる人権侵害であり、そのような人権侵害行為を行った元町議の女性に、当団体が連帯の意思を表明したことについて、ここに撤回し、ご迷惑をおかけした皆様に、お詫び申し上げます」と謝罪した上で、「草津町に住まわれる方だけでなく関係する多くの方を傷つける表現であった」と発言しました。

この一連の事件は、性犯罪の虚偽告発が被告に与える影響の重大さを浮き彫りにし、法的な対応だけでなく社会的な支援のあり方についても見直す契機となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…
  2. 日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機…
  3. 世界的な製薬大手ギリアド・サイエンシズが開発したHIV予防薬「レナカパビル」が、第III相臨床試験で…

おすすめ記事

  1. 2024-2-27

    草津町の元女性町議が性被害をでっち上げ 支援していた一般社団法人が謝罪と訂正

    2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけ…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る