映画『タイタニック』に出演した子役が告白 「いまでも印税が発生している」

レオナルド・ディカプリオ氏が主演として登場し、世界中で大ヒットを記録したモンスター映画『タイタニック』。映画公開から約25年が経ったいまでも、その映画に子役として出演した俳優が印税をもらっていることが明らかになりました。

当時5歳のリース・トンプソン氏が演じたのは、名もなきアイルランド人の少年役。アイルランド人の母親、姉とともにタイタニック号に乗船し、沈没する際にボートでの脱出を試みるものの、あえなく客室内で海に沈んでしまうという役でした。

彼は幼少時代にコンテストに入賞したのを機に所属していたタレントエージェントから連絡を受け、『タイタニック』の出演を決めました。ガソリンスタンドのCMと、メジャー映画の出演の2択だったそうです。

リース・トンプソン氏は3つのシーンに登場しており、セリフは「ママ、僕たちはいま何をしているの?」というたったの一言でした。たとえ一言でも、アメリカ人の彼はアイルランドなまりに苦労したとのことです。

当時の出演料は3万ドル(約390万円)で、このギャラは学費や生活費に消えたとされます。彼は2022年1月、オーストラリアのニュース番組「Network 10」に出演し、印税がいまも発生していることを認めました。

印税の金額は年に200ドル(約2万6,000円)から300ドル(約3万9,000円)ほどで、小切手で送られてくるとのことです。彼は「『タイタニック』に出演したのはかなり昔のことだから不思議な感じ。ときには100ドル余分に送られてくることもあります」と語った上で、「いまはこれが続くといいなと思っています。僕にとってはお金以上の意味がある」とも述べました。

リース・トンプソン氏「印税はここ数年受け取っていない」

リース・トンプソン氏いわく、その印税はここ数年実際には受け取っていないとのことで、彼は「数年前から住所を更新していないんだ。だから小切手は送られてきていると思うけど、受け取ってはいない」と述べています。

彼がこれまで受け取っていたのはロイヤリティと呼ばれるもので、DVDやブルーレイの販売、デジタル版での再上映などが行われることで利益が支払われる契約をしていた様子です。ほかの俳優も同じような契約をしており、いまだにロイヤリティを受け取っている人もいるとのこと。

彼は現在30歳を超えており、米ユタ州にあるスキー&スノーボード・リゾートBrian Head Resortにて、デジタルマーケティング・ディレクターを務めています。もう俳優の仕事に戻るつもりはないそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 実業家である前澤友作氏が、詐欺広告についてFacebook Japan代表の味澤将宏氏に公開で質問を…
  2. 「都道府県別や科目別でみられる「医師の偏在化」 人口当たりの医師数は徳島県が埼玉県の2倍!」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療を支える病院やクリニックが多いと思ったことはありませんか?一方、地方ではクリニックや病院が…
  3. セブン&アイ・ホールディングスが、自社のスーパー事業であるイトーヨーカ堂の株式を2026年以…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る