第76回カンヌ国際映画祭 坂元裕二氏が脚本賞、役所広司氏が男優賞を受賞

第76回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間27日に行われました。開催場所はフランスで、是枝裕和監督作『怪物』で脚本家の坂元裕二氏が脚本賞を受賞しました。

日本人が脚本賞を受賞するのは、2021年の『ドライブ・マイ・カー』以来で2年ぶりです。帰国した坂元裕二氏に代わり、ステージに上がった​是枝裕和監督は「ありがとうございます。一足早く、日本に帰った坂元裕二さんにすぐ報告します」と歓喜のコメントを添えました。

さらに続けて「初めにこの作品のプロットをもらい、そこに描かれた二人の少年たちの姿をどのように映像にするかと考えたとき、あの少年二人を受け入れない世界の側にいる大人の一人として、少年の目に見返えされるという形で取り組むことしか、誠実なスタンスを見つけられませんでした。だからこそ1ページ目に“世界は生まれ変われるか”という一文を書きました」と述べています。そして「スタッフ、キャストみんなの力でこの賞をいただけたと思っております。ありがとうございました」と語り、拍手を浴びました。

是枝裕和監督作品がコンペ部門に選出されたのは、韓国映画の『ベイビー・ブローカー』に続いて2年連続です。2018年に『万引き家族』で最高賞のパルムドールに輝いた監督だけあり、今回も受賞が期待されていました。

ネット上では「坂元裕二さんの1ファンとして本当に受賞嬉しいです」「坂元裕二さん、本当におめでとうございます」「坂元さんの描く独特な世界観が好き」など、温かいコメントで溢れています。

『パーフェクトデイズ』に出演した役所広司氏が男優賞を受賞

第76回カンヌ国際映画祭では、日本映画の『パーフェクトデイズ』に出演した役所広司氏が男優賞を受賞しました。日本人の男優が男優賞を受賞したのは、2004年の『誰も知らない』の柳楽優弥氏に次いで2人目です。

『パーフェクトデイズ』は、ドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース監督の新作映画です。渋谷の公共トイレを題材に、清掃員の日々を描いた長編映画。東京のトイレを刷新しようという「THE TOKYO TOILETプロジェクト」の一環として制作されました。

このプロジェクトは、渋谷区にある17の公共トイレを、世界的に有名な建築家たちの設計で快適に改修しようというものです。ヴィム・ヴェンダース監督は同プロジェクトについて、「日本の公共トイレは快適で、自分たちにはない文化」とコメントしています。

斬新なデザインのトイレを主人公が丹念に掃除する姿を描写している作品ですが、ヴィム・ヴェンダース監督は「これはスピリチュアルな映画」と述べています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る