第73回NHK紅白歌合戦の紅組司会が橋本環奈に決定 芸能界に激震走る

第73回NHK紅白歌合戦の紅組司会者が橋本環奈(23)に決定しました。橋本環奈は自身のTwitterアカウントで、「もしかしたら夢なのかな?ってまだ思ってます。。。お話を伺った時にまず、え?司会?私が?そもそも何で私なんだろう。と耳を疑いました」と述べたあと、「ですが発表になった今は、紅白の司会という大変光栄な役目をしっかり全うせねば!という気持ちです。誠心誠意向き合い、臨みたいと思います」と気持ちを表明しました。

紅白歌合戦の司会者選考には一定の基準が存在すると言われており、その最大の条件はNHKに対する貢献度だとされています。

事実、今年で3年連続となる白組司会者の大泉洋(49)は、2018年から続くNHKの音楽番組「SONGS」のMCを担当。さらに、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも大役を演じています。これらのNHKに対する貢献度が評価され、白組司会者として選抜されているのではと噂されています。

ここ最近、紅白の女性司会者として選抜されているのは、NHKと深い関わりを持っている女性ばかりです。しかし、今回紅組の司会者として選抜された橋本環奈は、大河ドラマや朝ドラに出演しているわけではありません。だからこそ、橋本環奈が今回選ばれたことについて、芸能界で激震が走っているのです。

関係者によると、橋本環奈が選抜された理由は「中学生や高校生から憧れの女優として見られているから」だとされています。

橋本環奈が選抜されたことに対するネット上の反応

若年層の間で絶大な人気を誇る橋本環奈。今回、紅組司会者として選ばれた橋本環奈について、ネット上では以下のような意見が飛び交っています。

  • 生放送の司会は不向きだと思う
  • 何故紅白の司会に決まったのかの理由がよく分からない
  • 司会を務める器ではないように思える
  • 明るく盛り上げてくれるイメージがあるので適任かと思います
  • 紅白の司会として活躍する橋本環奈を早く見たい!

上記のように、一部批判的な意見はあるものの、橋本環奈を応援する声が多数挙がっています。それと同時に、やはり今回の司会者選抜の基準を疑問視するコメントが目立っています。

「司会が橋本環奈でガッカリ」「ちゃんと司会が務まるのだろうか?」という意見があるのも事実ですが、橋本環奈はまだ23歳の新米女優です。まだまだ成長途中でもあるため、批判的な意見をぶつけるのではなく、長い目で見守っていくべきだと言えます。

今回の紅白司会を含め、今後の活躍に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る