アルゼンチンで発見された恐竜の化石が世界最大級の新種と判明 全長約30メートル

2018年に南部パタゴニア地方で新種の草食恐竜が発見され、いままで調査が進められてきました。アルゼンチンの古生物学者は18日、この首が長い草食恐竜が世界最大級であったと発表しました。

発見された化石から全長約30メートル、体重50トンと推定され、古生物学者は「この恐竜の大きさは、本当に驚くべきものです。大腿(だいたい)骨は1.9メートルを超えています」と説明しています。

大腿骨だけで約2メートルあり、これは大人3人がかりでようやく持ち上げられる大きさだと言います。そしてあまりの大きさに、研究所へ運搬車で運ぶ際、何度も横転してしまったとのことです。

1億年ほど前の白亜紀後期に生息し、化石には転倒した痕跡があったので、恐竜の名前はハードボイルドを意味する「チュカロサウルス・ディリピエンダ」と命名されました。古生物学者は「コロソサウルスグループの非常に大きな恐竜です。パタゴニア(アルゼンチン南部)に生息していました」と語っています。

ネット上では、「こういった新種の恐竜とか聞くとワクワクする」「恐竜の謎が少しずつ解明されていくと良いですよね」「ジュラシックパークみたいに恐竜を復活させてほしい」などの意見が寄せられています。

日本でも新種の恐竜を発見|テリジノサウルス類

2022年5月、日本の北海道大学などの研究グループが新種の恐竜を発表しました。2000年に北海道中川町で地元の化石愛好家が見つけ、研究を続けた結果、新種の恐竜のものだと判明しました。

新種の恐竜だと発見した人物は、北海道大学総合博物館の小林快次教授です。新種の恐竜は10センチを超える大きな爪が特徴的で、全長は3メートル以上が想定されています。

また、筋肉の付き具合や爪の先に力を伝える効率が、多くのテリジノサウルス類よりも小さかったとみられており、手を熊手のように使って木の枝をたぐり寄せ、葉っぱなどを食べていた可能性が高いとのことです。

海岸にすむ恐竜であるとされ、爪の化石を分析するとテリジノサウルス類だと判明。新属新種として「パラリテリジノサウルス・ジャポニクス」と命名されました。この名前の意味は、「日本の海岸にすむテリジノサウルス」だとされます。

パラリテリジノサウルスは日本で発見されたテリジノサウルス類として3例目で、日本において最も新しい時代のテリジノサウルス類の化石となります。古いものは1億年以上前の地層から見つかっているとのことです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2023年の出生率が過去最低を更新する見通しとなっています。第一生命経済研究所の星野卓也氏の試算では…
  2. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  3. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る