アーム・ホールディングスの株価が上場初日に25%上昇 2日目には下落

英半導体設計会社アーム・ホールディングスの株価は14日、米株式市場で大幅に上昇する動きを見せました。初日には新規株式公開(IPO)価格を約25%上回り、56.10ドルから取引を開始し、終値は63.59ドルとなりました。この結果、時価総額は650億ドルに到達し、完全希薄化後ベースでは約680億ドルになると見られています。

ソフトバンクグループ傘下の同社は、その前日に48億7,000万ドル(約7,180億円)の資金調達を実施しました。今年最大のIPOとして注目を集めています。

アーム・ホールディングスの上場を受け、ソフトバンクグループは東京株式市場で一時5.1%上昇し、6月14日以来の日中上昇率を記録しました。アーム・ホールディングスはIPOに際して、intelやApple、Samsungなどの大企業から出資を受けるため、7億ドル強相当の株式を確保しています。

アーム・ホールディングスは上場後、順調に株価が上昇していくと思われましたが、上場2日目の動きは不安定となりました。取引開始直後は8.5%高となりましたが、その後は上げ下げを繰り返し、終値では4.5%下落しています。

アナリストのチャールズ・シ氏は「アームはスマートフォンが生み出す大きな価値を捉えることで成長が期待できるが、IPOでのバリュエーションの上振れを支えるほどではない」と指摘しています。

アーム・ホールディングス 18日に株式オプション取引をスタート

英半導体設計の大手企業であるアーム・ホールディングスは18日、株式オプション取引をスタートさせ、その動きが活発となりました。上場2日目の15日に株価が急落した影響で、投資家たちがさらなる下落を警戒し、プット(売る権利)の購入が増加した様子です。

18日のアーム・ホールディングスの出来高は約7万4,000枚に達し、その中で8割が10月20日の約定に向けた取引で、大部分がプットとなりました。トレード・アラートによれば、この日の個別株オプションの出来高はトップ50にも入ったとのことです。

また、キャピタル・マーケット・ラボラトリーズのオフィア・ゴットリーブ氏は、「株価が急速に下がっており、相当な売り圧力がある。プット購入の動きはさらなる下値余地があるとの思惑を表していてもおかしくない」とコメントしました。

ネット上では、「利益確定の売りが出るのは当然」「IPOなんてさっさと売って利確するのが常識でしょ」「まあそんなもんでしょう」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る