国産の新型主力ロケット「H3」3号機の打ち上げに成功 「だいち4号」を予定軌道に投入

日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機の打ち上げに成功しました。JAXAと三菱重工業が共同開発したH3は、初号機こそ失敗に終わりましたが、2号機に続き3号機も見事に成功を収めました。

種子島宇宙センターから勢いよく飛び立った3号機は、全長57メートル、重さ422トンの大型ロケットです。地球観測衛星「だいち4号(ALOS-4)」を搭載し、打ち上げから約17分後に高度約613キロで切り離して予定の軌道に投入しました。

だいち4号は、先代の「だいち2号」の後継機にあたります。総開発費約320億円をかけた先進的なレーダーを搭載しており、火山活動や地滑りなど地表面の異常を早期発見することが期待されています。

H3は今後約20年間にわたり、日本の宇宙輸送を支える大黒柱となる予定です。政府の情報収集衛星や火星探査機「MMX」、月周回有人拠点「ゲートウェイ」への物資輸送機「HTV-X」など、数々の重要ミッションを担う計画が既に決まっています。

JAXAは、H3の運用が安定した段階で打ち上げ事業を三菱重工に移管する方針です。日本の宇宙開発は民間企業の力を借りながら、新たなステージに入ろうとしています。

ネット上では、「こうやって未来に希望と夢をもたせてくれるロケット打ち上げが大好き」「これを積み重ねて更なる進化と安定性を獲得してほしい」「是非とも実績を積み上げて次のステージに上がって欲しい」など、称賛の意見が多数寄せられています。

新型ロケットH3、月や火星の探査にも活用される予定

日本の宇宙開発の未来を担う新型ロケットH3。その活躍の舞台は地球周辺に留まらず、月や火星の探査にも活用される予定です。

現在運用中の「H2A」は、今年度中に製造を終了し、2025年度以降はH3に完全に切り替わります。宇宙基本計画では、2032年度までに少なくとも22回のH3打ち上げが予定されています。

H3は、メインエンジンのみを用いた打ち上げも可能な設計です。これにより、大幅なコスト削減が期待されています。当初は3号機からこの形態での打ち上げが計画されていましたが、初号機の失敗の影響で今回は見送られました。

H3の本領が発揮されるのは、月や火星の探査計画です。来年度には月南極の探査機、再来年度には火星からのサンプルリターンを目指す探査機の打ち上げが予定されています。

国際的な月探査プロジェクト「アルテミス計画」で、日本は重要な役割を果たすことになるでしょう。H3の世界的な活躍に大きな期待が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. テーマパーク運営のオリエンタルランド(OLC)が、新たな事業の柱としてクルーズ事業に参入します。同社…
  2. 日本の漫画文化が新たな展開を見せています。集英社や小学館などの出版大手各社が、AI技術を駆使した翻訳…
  3. 米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)は、NASAの探査機「Voyager 1」の全…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. YOSHIKIが1.1億円などを求める名誉毀損裁判の第3回口頭弁論

    2024-7-12

    YOSHIKIが1.1億円などを求める名誉毀損裁判の第3回口頭弁論 取材源を求める

    X JAPANのリーダー・YOSHIKI氏が所属する音楽事務所・ジャパンミュージックエージェンシー(…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る