ベルナール・アルノーがイーロン・マスクを抜いて資産額1位に テスラ株下落が原因か

12月8日、テスラ株が約1%下落したことで、イーロン・マスク氏がフォーブスの世界富豪ランキング1位から2位に落ちました。代わりに1位に浮上したのは、LVMH会長でフランスの実業家でもあるベルナール・アルノー氏です。

世界の最新ニュースを発信するBloomberg(ブルームバーグ)は、12月7日の夜にイーロン・マスク氏がTwitterの高金利債務の一部を、テスラ株を担保とする新たなマージンローンに置き換える可能性があると報じました。その報道を受けてテスラ株は約1%下落し、わずかな資産額の差ですが、ベルナール・アルノー氏が1位に返り咲きました。

ベルナール・アルノー氏の資産額は、8日の午前9時30分の時点で推定1,851億ドル(約25兆3,000億円)です。一方、イーロン・マスク氏の資産額は推定1,841億ドルなので、その前日の日中に2度にわたって追い抜いています。とはいえ、米国市場が閉まる午後4時頃には、再度イーロン・マスク氏が1位に上り詰めました。

昨今、テスラの株価が下落している主な原因は、イーロン・マスク氏のTwitter買収騒動だとされています。事実、株価下落のほぼすべてが、Twitterを440億ドルで買収すると発表した4月中旬以降に起きています。

イーロン・マスク氏はTwitterを買収し、アカウント認証の有料化を実施するなど、内部改革を積極的に進めていますが、ユーザーや広告主、投資家などは一部否定的な反応を示しました。

ただ、イーロン・マスク氏とベルナール・アルノー氏の資産額の差はさほど大きくないため、時間の経過とともに再度イーロン・マスク氏が1位に返り咲く可能性は十分にあります。

LVMH会長兼CEOのベルナール・アルノー氏とは?

今回、イーロン・マスク氏の資産額を追い抜いたベルナール・アルノー氏は、世界有数のラグジュアリーブランドグループLVMHの会長兼CEOです。LVMH及びクリスチャン・ディオールの大株主であり、同時にグループ アルノーの代表取締役でもあります。

過去にはフランス国家への貢献が認められ、レジオン ドヌール勲章のコマンドゥールを授与されました。LVMHを通じて多くの高級ファッションブランドを手中に収めていることから、「ファッションの法王」という異名が付いています。

その反面、冷徹かつ攻撃的なビジネス戦略を繰り広げるのも有名。そのことから、「カシミヤを着た狼」「ターミネーター」などと呼ばれることもあります。今後のベルナール・アルノー氏の動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  3. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る