OpenAIが最新の言語モデル「GPT-4」をリリース 司法試験で上位10%に

OpenAIが2022年11月にリリースした人工知能チャットボット「ChatGPT」が、いま話題になっています。これまでは言語モデル「GPT-3.5」が使われていましたが、OpenAIは現地時間3月14日に最新の言語モデル「GPT-4」を公開し、ChatGPTの機能性を大きく向上させました。

「GPT-4」では質問に対する回答の正確性が向上したほか、画像を提示した際に、状況や疑問を指摘するとそれに応じて回答してくれる、という新機能が追加されています。

英語版の「GPT-4」で司法試験を受けさせたところ、「GPT-3.5」では下位10%程度のスコアだったのに対し、最新モデルでは上位10%程度のスコアを記録しています。また、「GPT-4」に質問した際、わからないことは「わかりません」と回答してくれるよう変更されました。

画像認識の機能はまだ不完全ですが、「GPT-4」を搭載したAIに画像を提示し、「この画像は何が間違っているの?」と説明すると、間違いを正確に認識し回答してくれます。

「GPT-4」がリリースされたことで、ネット上では「これは革命的だ」「仕事がAIに置き換わってしまう」など、大きな話題を生みました。

「GPT-4」を利用する方法|「ChatGPT Plus」に加入する

「GPT-4」を採用したChatGPTを利用したい場合は、有料版の「ChatGPT Plus」に加入する必要があります。月額20ドル(約2,500円)と高額ですが、その機能性の高さから、金額以上のメリットを受けることが可能です。

ただし現時点では利用制限があり、4時間ごとに100件のメッセージまでしか「GPT-4」を利用できません。とはいえ便利なことには変わりないため、「ChatGPT Plus」に加入する価値は十分にあると言えます。

「GPT-4」採用のChatGPTを実際に使ってみた

「GPT-4」を採用したChatGPTを実際に使い、機能性の高さを確認してみました。ChatGPTに「AIの凄さを犬の言葉(犬が話しているように)教えて。また、質問者は小学生だと仮定して」と質問すると、以下のように回答してくれました。

わんわん!ぼくたち犬がお友達にAI(アイ・アイ)って言うすごいものを教えるわん!アイ・アイは、コンピュータが人間みたいに頭がいいことができる技術なんだわん!
早いお仕事: アイ・アイは、たくさんのことをすごく速くできるんだわん!……(説明が続く)

このように最新モデルを採用したChatGPTでは、質問の意図を正確に読み取り、質問者が知りたい情報をドンピシャで回答してくれます。

なお、最新モデルの「GPT-4」はChatGPT以外にも、「Tome」や「Be My Eyes」などのサービスでも利用可能です。一部無料で試せるため、興味がある方はぜひ利用してみてください。高い利便性を求めるなら、本記事で扱ったChatGPTをおすすめします。

ChatGPTの公式サイト

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る