ドイツの市民プールにて女性のトップレスが認定 男女差別の訴え認める

ドイツの首都ベルリン市内の市営プールにて、女性が男性と同じようにトップレスで泳ぐことが認められました。この試みは、男女平等に向けた一歩前進として評価されています。

この行動は2022年12月、胸を隠さずに市民プールで泳ごうとしている女性水泳選手が止められたことがきっかけで、その女性は多様性を尊重するオンブズマン事務所に異議を申し立てました。

市当局は女性が性差別の被害にあったと認定し、ベルリンの市営プールでは全利用者のトップレスを認めると発表しました。ベルリンの州知事は9日、「差別に対する不服申し立てを認め、ベルリンの水泳施設は今後、ジェンダーに平等な形で入場・水泳規定を適用する」とコメントしています。

オンブズマン事務所のトップは、この試みをジェンダーの平等に向けた一歩前進と評価しています。なお、ベルリンでは2021年にも、水泳施設でフランス人女性がトップレスを警備員に指摘され退去を求められたとして、市に損害賠償を求めました。

その女性は地元紙に対して、この性差別を「男性にとっても女性にとっても胸は2番目の性的特徴だが、暑いときは着衣を取る自由が男性にはあるのに、女性にはない」と説明しました。

全利用者のトップレスを認めた件について、ネット上では「性差別撤廃の名のもと、違う方向に進んでいる気がする」「そこまでして男女平等にこだわる意味ある?」「視線は気にならないのかな」など、否定的な意見が多く寄せられています。

世界経済フォーラムが「ジェンダー・ギャップ指数2022」を発表

世界経済フォーラムは2022年7月、「ジェンダー・ギャップ指数2022」を発表しました。この指数では、各国における男女格差を「経済」「教育」「健康」「政治」の4つの分野に分けスコア化しています。

2022年における日本の総合スコアは0.650であり、順位は146カ国中116位と、先進国のなかで最低レベルとなりました。そのほか、上位国および主な国の順位は以下の通りです。

順位国名総合スコア
1アイスランド0.908
2フィンランド0.860
3ノルウェー0.845
4ニュージーランド0.841
5スウェーデン0.822
10ドイツ0.801
15フランス0.791
22英国0.780
27米国0.769
63イタリア0.720
99韓国0.689
102中国0.682
116日本0.650
参考:「共同参画」2022年8月号|男女共同参画局

今回、市営プールにて全利用者のトップレスが認められたドイツは、「ジェンダー・ギャップ指数2022」でトップ10まで上り詰めています。その一方で日本は116位であり、まだまだ男女平等の意識が低いと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る