カルロス・ゴーン元会長が日産に損害賠償訴訟を提起 要求額は10億ドル

日産自動車の元会長であるカルロス・ゴーン氏は、日産などを相手にレバノンで損害賠償訴訟を提起しました。その主な理由は名誉毀損や証拠捏造によるもので、要求額は10億ドル(約1,400億円)にも上ります。

これには報酬の喪失分や諸費用の賠償として5億8,800万ドル、さらに懲罰的な措置として5億ドルが含まれています。審理の開始日は9月18日です。

2018年に日本で逮捕され、国外逃亡を果たしたカルロス・ゴーン元会長は、逮捕容疑は日産の幹部による仏自動車大手ルノーとの合併阻止のためのでっちあげだ、と主張しています。また、オマーンの自動車販売代理店を通じてルノーの資金を横領し、豪華ヨットなどの購入に充てたという疑惑も浮上しています。

それに対し、フランス当局はカルロス・ゴーン元会長に国際逮捕状を出しましたが、彼は横領を繰り返し否定。その真偽については、今後の法廷で明らかになることでしょう。

カルロス・ゴーン元会長が逮捕された背景

カルロス・ゴーン元会長は、2018年11月に有価証券報告書に報酬を過少報告した疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。130日間にわたって身柄を拘束され、日産の資金を不正に支出した特別背任の罪で起訴されたのです。しかし、カルロス・ゴーン元会長はこの行為を否定しています。

その後、日産の資金をオマーンの知人に流出した疑いが持たれ、彼は再逮捕されました。その期間は合計108日間にまでおよび、2019年4月まで拘留された後に再び保釈されています。

逮捕当時、カルロス・ゴーン元会長は日産とルノーの会長を務め、三菱自動車を含むアライアンスのトップでもありました。彼のコスト削減策は批判もありましたが、最終的に日産を救う結果をもたらし、尊敬と注目を浴びるようになりました。

しかし、その地位から陥落。保釈中の2019年12月に、カルロス・ゴーン元会長は中東のレバノンに逃亡しました。東京地検特捜部は不正に出国したとの疑いで、逮捕状を取っています。

彼が日本から逃亡したときの状況については、「機内の箱の中で離陸を待った30分間が、人生で最も長く感じた待ち時間だったかもしれない」と述べています。さらに「日産がルノーの影響から逃れようとした中で巻き添えの被害を受けた」とも述べ、ルノーが日産の株式を43%保有している事実を明らかにしました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る