写真家・篠山紀信氏が83歳で死去 「激写」や「ヘアヌード」などの流行語生み出す

日本の著名な写真家、篠山紀信氏が83歳でこの世を去りました。関係者によると、篠山紀信氏は4日に亡くなったとのことです。

東京都出身の篠山紀信氏は、写真家として多岐にわたるジャンルで活躍し、時代を先取りする作品を数多く残しました。

特に宮沢りえ氏をモデルにしたヌード写真集「Santa Fe」(サンタフェは、社会現象を巻き起こすほどのヒットを記録。さらに「激写」や「ヘアヌード」といった流行語を生み出すなど、その影響は計り知れません。

また、篠山紀信氏は東日本大震災後の被災地を訪れて作品を発表したほか、60年以上にわたるキャリアで多くの展示会を開催しました。

ネット上では、「私の憧れでした」「篠山紀信さんは写真の革命者だった」「素晴らしい方でした。ご冥福をお祈りいたします」などの温かい言葉が寄せられています。

写真家・篠山紀信氏の経歴と実績

篠山紀信氏は新宿区の真言宗豊山派円照寺の住職の次男として生まれ、4歳の時に父を失い、母に育てられました。高校卒業後は、日本大学芸術学部写真学科に進学しています。

沢渡朔氏と同期であった篠山紀信氏は、東京綜合写真専門学校に2年間通い、日大在学中の1961年には広告写真家協会展APA賞を受賞しています。その才能を認められ、ライトパブリシティへ就職しました。

1966年には東京国立近代美術館の「現代写真の10人」展に最年少で参加し、1976年にはベネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表作家に選ばれるなど、早くからその才能を発揮しています。また、1973年には「女形・玉三郎展」で芸術選奨新人賞を受賞し、その後も「激写」という流行語を生み出しました。

日本の家を記録したシリーズ「家」や1978年のベストセラー「大激写 135人の女ともだち」、1978年から1997年にかけての「週刊朝日」の表紙写真、1980年の女子大生シリーズなど、多岐にわたる作品で知られています。

ヌード写真にも定評があり、1969年には全日本恥毛露出連盟(ゼンチロレン)を結成。1991年の「Water Fruit 不測の事態」や「Santa Fe」でブームを巻き起こしました。

私生活では、1971年にモデルのジューン・アダムス氏と結婚しましたが、1976年には離婚しています。その後の1979年に南沙織氏と再婚し、3人の子供に恵まれて幸せな家庭を築きました。その生涯は、日本写真史に燦然(さんぜん)と輝く功績を残しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「ばぁば、AIがなかったころのお話を聞かせて…

過去よく見られている記事

  1. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…
  2. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  3. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る