大阪地裁がタレントの水道橋博士氏に110万円の賠償命じる 「名誉棄損に当たる」

松井一郎前大阪市長がSNSの投稿内容で名誉を傷つけられたとして、タレントの水道橋博士氏に550万円の損害賠償を請求しました。それを受けた大阪地裁は16日、水道橋博士氏に110万円の賠償を命じました。

訴状などによると、水道橋博士氏は自身のTwitterで第三者が作成した松井一郎前大阪市長に関する動画を、引用リツイートをする形で紹介したとのことです。その動画のサムネイル画像には「維新の闇」「パワハラ」「強姦事件」など、松井一郎前大阪市長についてマイナス印象を与える文言が書かれており、水道橋博士氏は「下調べが凄い。知らなかったことが多い」とコメントを付け加えました。

あたかも事実であるかのような印象をユーザーに与え、投稿は削除されないまま残り続けました。16日までに4,000件以上のリツイートがされており、松井一郎前大阪市長側は「事実ではないのに過去に犯罪行為をしたかのような内容を、自身の影響力とインターネットを利用して拡散させたことは極めて悪質だ」と訴えています。

その意見に対し、水道橋博士氏は「政治家が市民の発言を抑え込もうとするスラップ訴訟でやり方が横暴だ」と反論。この一連の流れで両者の争いがヒートアップし、大阪地裁による裁判にまで発展しました。

水道橋博士氏側に110万円の賠償命じる 「名誉棄損に当たる」

冨上智子裁判長は16日、水道橋博士氏側に110万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。判決では「投稿を見た人はサムネイル画像だけを見て、動画を視聴するとは限らない」として上で、「水道橋氏の投稿によって、松井氏がパワハラなどをしたことが事実であるかのように認識した読者が一定数おり、松井氏の社会的評価を低下させたことは明らかで名誉棄損に当たる」と指摘。

その一方で、「投稿の直後に松井氏自身が誹謗中傷やデマに対しては法的手続きを取ると返信ツイートをしていることから、被害の程度は一定程度防止されている」として、賠償額は110万円が妥当であるという結論で幕を閉じました。なお、双方とも法廷に姿を見せることはありませんでした。

その判決を受けた松井一郎前大阪市長は、「SNS上でデマを拡散して、人を誹謗中傷することは絶対に許せない」と述べ、続けて「今も名誉棄損されて、その被害に苦しんでおられる方がいる中で、今後このような事案がなくなることを強く望みます」とコメントしています。

この1件を受け、ネット上では「リツイートは名誉毀損のビラをばら撒く行為と同等」「事実かのように引用リツイートするのは厳に慎むべき時代になっている」「賠償金の支払いは当然」などの意見があがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る