ソフトバンク・柳田悠岐外野手が負傷交代 フェンスに後頭部を強打

プロ野球・ソフトバンクの柳田悠岐外野手(33)が、楽天戦にて負傷交代をしました。楽天の渡辺佳明外野手(25)の打球を右翼フェンス手前で捕球しようとしたところ、フェンスに後頭部を強打。

しばらくして起き上がった柳田悠岐外野手は担架に乗らず、トレーナーに付き添われながら自らの足でベンチに戻りました。ソフトバンク・藤本監督はすぐに交代を告げ、野村勇選手が三塁に入り、三塁の周東佑京選手が右翼に移動しました。

仙台市内の病院で検査したところ、脳しんとうの心配はなく、鞭打ちのような症状だと診断を受けたとされます。その後、藤本博史監督は「ちょっと明日(の試合)は無理かもしれない」と語りました。

ソフトバンク・柳田悠岐選手について

後頭部を強打というアクシデントに見舞われた柳田悠岐選手は、過去どのような活躍をしてきたのでしょうか?柳田悠岐選手は、広島県広島市安佐南区出身のプロ野球選手です。

広島商高、広島経済大を卒業し、2010年ドラフト2位にてソフトバンクへ入団。3年目の13年には、すでに外野のレギュラーを獲得しており、その後の14年には全144試合に出場するなど、チームの主力選手として活躍しています。また、先輩の小久保選手の背番号「9」を譲り受け、首位打者・MVPにも輝きました。

昨季は両足のコンディション不良によって調整が遅れましたが、開幕後は持ち前の打力を発揮し、チームトップの28本塁打を記録。2年連続のベストナインに見事輝きました。

野球は怪我が多いスポーツ

野球は他のスポーツに比べて怪我が多いスポーツだとされています。プロ選手に限った話ではなく、学生野球や草野球でも十分に起こりえます。

野球で起こりやすい怪我の種類としては、さまざまな肩関節障害の総称である「野球肩」、部分的な微細損傷や炎症で痛みが出る「野球肘」、肩の引っ掛かり症状の総称である「インピンジメント症候群」などが挙げられます。

その他、腰部捻挫、腱板損傷(けんばんそんしょう)、打撲などがよく見られるため、日頃から怪我の予防・注意が欠かせません。また、一度大怪我をしてしまうと、今後の選手生命に大きな影響を与えてしまいます。

今回、楽天戦にて起きた負傷事故については、鞭打ちのような比較的軽めの症状だったとはいえ、完全に回復するまでには時間がかかります。「早く復帰してほしい」「柳田悠岐選手を待ってる」など、ソフトバンク・柳田悠岐選手の復帰を望む声が各所からあがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大阪大発のスタートアップ企業であるクオリプス社は、世界に先駆けてiPS細胞から作成した心筋シートの製…
  2. 「日本の医療費は高い?海外の医療システムとの比較について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    日本の医療費は増大の一途をたどっていることをご存知ですか?医療費が増大すると、高齢化社会とともに保険…
  3. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る