井上尚弥選手がネリ選手を6回TKO勝利 1回にはプロキャリア初のダウンを経験

GWの最終日である5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え撃ちました。この試合で井上尚弥選手は6回にTKO勝利を収め、4団体統一王者としての防衛に成功しました。

試合後、井上尚弥選手はリング上で「ここ東京ドームで34年ぶりの日本人、メインイベント。自分自身すごいプレッシャーがあったんですけど、こうして皆さんの力が僕のパワーになりました。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。また、1回での意外なダウンについても、「皆さん1ラウンド目のサプライズ、たまにはいかがでしょうか」と余裕を見せています。

この試合は、約34年ぶりに東京ドームでのボクシング興行が実現し、井上尚弥選手は日本人初のメインイベンターとして節目の試合に挑みました。その背景には、所属ジム設立30年と自身の世界王座獲得10周年が重なる特別な年であることがあります。

一方、ルイス・ネリ選手は過去の問題を乗り越え、今回の試合に向けて徹底的な体調管理と調整を行い、前日計量を500グラム少ないウエイトで1発クリアしました。試合開始からわずか数分で、ルイス・ネリ選手が井上尚弥選手からまさかのダウンを奪いましたが、結果的に井上尚弥選手がモンスターの力を発揮し、無事勝利を収めました。

所属ジムの大橋秀行会長は「今回の東京ドームは新たなスタート」とコメントし、今後も東京ドームでの興行を考えていることを示唆しました。ネット上では、「井上尚弥選手おめでとうございます」「井上尚弥のダウン、心臓が止まるかと思った」「ダウンの経験が尚弥をもっと強くさせるだろう」などの意見が寄せられています。

1回で井上尚弥選手がプロキャリア初のダウン 6回にはTKO勝利

試合の1回、開始わずか18秒で井上尚弥選手が豪快な右フックを放ち、観客を沸かせました。その後、1分49秒過ぎにはルイス・ネリ選手の左フックカウンターにより、井上尚弥選手がプロキャリア初のダウンを喫しますが、すぐに立ち直り初回を凌いでいます。

2回では、井上尚弥選手がジャブを駆使して試合を作り直し、2分過ぎには逆にルイス・ネリ選手をダウンさせて劣勢を挽回します。続く3回では、井上尚弥選手がジャブをさばきながら要所で右ストレートを決め、試合の主導権を握りました。

4回と5回には、井上尚弥選手がさらにペースを上げ、特に5回には左フックでルイス・ネリ選手を再びダウンさせる見事な展開を見せました。そして、6回には井上尚弥選手が前に出る展開が続き、2分過ぎには連打で押し込み、カウンターの右一閃で見事なTKO勝利を飾りました。

1回にはまさかのダウンを奪われる事態へと発展しましたが、2〜6回を通して見れば、特に危なげなくルイス・ネリ選手を圧倒していました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  3. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る