大谷翔平投手、年俸調停を回避しての1年契約で過去最高の年俸43.4億円で決定

エンゼルスは日本時間で2日、大谷翔平投手と年俸3,000万ドル(約43億4,000万円)の1年契約で合意したと発表しました。年俸調停を回避して1年契約を結んだ選手としては、過去最高金額となります。

これまでの年俸は昨季が300万ドル(約4億3,400万円)、今季が550万円ドル(約7億9,600万円)と、今回発表された新年棒に比べて格安でした。

大谷投手は今季が2年契約の最終年であり、今シーズンのオフは年俸調停権を持っていたため、年俸の大幅アップは各所で予想されていました。しかし、年俸調停を回避しての契約で年俸3,000万ドル。つまり、エンゼルスと大谷投手は契約金額で揉めず、約43億4,000万円という莫大な年俸が瞬時に決まったということです。

年俸調停を回避して1年契約を結んだこれまでの最高額は、レッドソックスと契約したムーキー・ベッツ外野手の2,700万ドル(約39億800万円)でした。大谷投手の新年棒は日本人メジャー最高額であり、同時にムーキー・ベッツ外野手の最高額を更新しました。

大谷翔平投手はなぜそこまで評価されるのか?

現代野球の最高傑作とまで言われる大谷翔平投手。先発投手の一角を担いながら、一時はホームラン数でメジャーリーグ単独トップに立っています。

大谷投手は「投手」と「打者」を高いレベルで展開する、野球の常識では考えられない二刀流を有しているのです。一軍初登板では新人投手最速の157kmを記録し、入団1年目の開幕戦では初打席初安打、同年4月には初登板初勝利を収めています。また、20歳のときには日本プロ野球史上最年少で16奪三振を記録しました。

このような異次元の成績を叩き出していることから、「最も偉大だとされるベーブ・ルース以来、100年ぶりの本格的二刀流選手が現れた」と評されています。

とはいえ、そんな大谷投手も一時は二刀流を否定されていました。「二刀流が通用するほどプロは甘くない」と打者に専念することを勧める選手や、「二刀流だと中途半端になるから投手に専念したほうが良い」と、投手専念を促していた選手もいました。

しかし、最近になって大谷投手のレベルの高さが明らかになったことで、選手や関係者たちは「正真正銘の天才だ」「これほど偉大な選手はいない」などと、大谷投手を褒め称える言葉を残しています。

今回、大谷投手は実力に見合った年俸43億4,000万円という異次元な金額で契約しましたが、これで頭打ちになるとは思えません。今後の大谷投手の活躍に期待したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  2. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  3. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る