海上自衛隊の護衛艦をドローンで撮影 「実際に上空から撮影された可能性が高い」と報告

神奈川県横須賀市に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」をドローンで撮影したような動画がSNSで拡散された問題について、防衛省はこの映像がドローンによるものである可能性が高いと分析していることが、8日の取材でわかりました。この件に関して、木原稔防衛相は「悪意を持って加工、捏造された可能性を含め、現在分析中だ」と4月2日の記者会見で述べました。

動画は中国のSNSに投稿され、今では日本でも注目を集めています。横須賀地区では無許可のドローン飛行が厳しく禁じられており、安全上の問題からも大きな懸念が生じています。

ネット上では、「ネットにアップされたデータの真偽を正確に検証する能力が自衛隊にはないことが明らか」「日本はサイバー自衛隊をいち早く創設してほしい」「天気の良い日中、何故に誰も異変に気付かなかったのだろうか」などの意見が寄せられています。

自民党の国防部会と安全保障調査会の合同会議で分析結果を報告

問題の動画について、9日に自民党の国防部会と安全保障調査会の合同会議で報告されました。防衛省は、動画は捏造されたものではなく、「実際に上空から撮影された可能性が高い」と分析結果を発表しました。

防衛省はこの問題を非常に深刻に捉えており、「ドローンで危害が加えられた場合、防衛に重大な支障が生じかねない」とコメントし、違法行為への厳正な対処と対処能力の高い装備品の早期導入を強調しています。

問題の動画は、神奈川県の横須賀基地で停泊中の「いずも」を後方から接近し、甲板上を飛行しながら撮影したもので、3月26日に中国の動画共有サイト「bilibili」に投稿されました。その後、X(旧Twitter)に転載され、日本でも広く拡散されました。

防衛省は動画が悪意を持って加工・捏造された可能性も含めて分析を行った結果、艦番号の一部が見えない点を除き、違法に撮影された可能性が高いと判断しました。防衛省は飛行の検知については明らかにせず、「対処はしていない」と説明しています。撮影者やその意図については言及していません。

国防部会・安全保障調査会合同会議に参加した議員からは「非常にゆゆしき事態であり、あってはならない」との声が上がり、調査と対応の遅れに対する批判が相次ぎました。防衛省は今後、同様の事件の未然防止と迅速な対応策の強化が求められています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る