大谷翔平がドジャースと10年総額1,014億円で契約 北米プロスポーツ史上最高額

大谷翔平選手は9日(日本時間で10日)、エンゼルスからフリーエージェント(FA)となった後、ロサンゼルス・ドジャースとの間で契約を結んだことを発表しました。

この契約は10年総額7億ドル(約1,014億円)にのぼり、メジャー史上、そして北米プロスポーツ全体で最高額となります。大谷翔平選手自身がInstagramで発表し、代理人であるネズ・バレロ氏も同様の発表を行いました。

大谷翔平選手のFA争奪戦が盛り上がっていましたが、結果として花巻東高校時代から縁のあるドジャースに加入することになりました。このチームは、2013年から11年連続でポストシーズンに進出している強豪です。ドジャースへの日本選手加入は、大谷翔平選手で10人目となります。

9月に右肘の手術を受けた大谷翔平選手は、来季は打者としての活躍に専念し、二刀流復活は2025年以降と見込まれています。ロサンゼルスでの新たな舞台に立ち、彼がチームにどのような影響を与えるのか、そしてワールドシリーズ制覇への期待が高まっています。

ネット上では、「世界最高の野球選手が最高のチームに決まりました」「すごい金額にもびっくりしたけど、大谷がワールドチャンピオンを目指せる球団でプレーするというのが嬉しいね」「ようやくMLB今オフの目玉契約がまとまった」と称賛されています。

韓国の中央日報「『過去最も高い野球選手』になった」

韓国の中央日報は、大谷翔平選手がドジャースと北米プロスポーツ史上最高額となる7億ドルで契約を結んだことについて、「『過去最も高い野球選手』になった」と報じました。また、同紙は「投打二刀流の『スーパースター』大谷翔平(29)が北米プロスポーツ史上最高額となる7億ドルでLAドジャース入りを確定した」と伝えています。

さらに、米メディアが「MLB史上初めて5億ドルの壁を越える」と報道していたことを記した上で、「実際の契約規模はその予想を上回る7億ドルの『ジャックポット』だった」と報じました。

NFLのパトリック・マホームズ選手、チームメートだったマイク・トラウト選手、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手の契約と比較しても、大谷翔平選手の契約はそれらを大きく上回ることが強調されました。中央日報は最後、「『過去最も高い野球選手』になった」との見出しで締めくくりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 松本人志vs週刊文春 5億5000万円の訴訟がついに開始!傍聴席は36.3倍の競争率
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が、女性に性的行為を強要したとする「週刊文春」の報道で名誉を毀…
  2. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…
  3. LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る