国連専門家がジャニーズ性被害の聞き取り ​​松崎氏がデヴィ夫人に反論

国連人権理事会の専門家が7月下旬に来日し、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長による性加害を訴える元所属タレントらへの聞き取りを行うことが分かりました。国連人権理事会の「ビジネスと人権」の作業部会は企業の人権上の取り組みを調査するため、7月24日から8月4日までの期間、東京、大阪、愛知を訪れます。

専門家は政府や自治体、企業などの関係者と面談するとのことです。関係者と面談する中で、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長に対する性加害を訴える元所属タレントからの聞き取りも行われます。複数の人が聞き取りに応じる意向を示しています。

また、7月になり元所属タレント7人が「ジャニーズ性加害問題当事者の会」を結成。ジャニー喜多川前社長から被害を受けたと訴える7人が参加しており、代表の平本淳也氏は「小さな力でもまとまっていけば強い相手に向かっていけると思っている。ジャニーズ事務所に対してまず向き合い、そして認め、うそ偽りなく私たちと対話をしてほしいという姿勢でやっていきたい」と語りました。

デヴィ夫人のジャニー氏擁護に対して松崎氏が批判

デヴィ夫人は18日に自身Twitterで、ジャニー喜多川前社長の性加害に対して「特別な世界、関係性というものはある」と指摘し、その上で「昨今の流れは偉大なジャニー氏の慰霊に対する冒涜、日本の恥である」という内容を投稿しました。

デヴィ夫人のこの考えについて、被害を訴えている元ジャニーズJr.のカウアン・オカモト氏は19日、「まだ性について何も理解できていない子供に対して性的な行為を行うのは極めて卑怯です」とTwitterで反論しています。

また、ハリウッド俳優として活躍中の松崎悠希氏も同日に、「ほらね。デヴィ夫人が『これまでの恩』を使ってジャニー喜多川の性犯罪を揉み消しに走ってるでしょ。そういう異常な価値観の世界なのよ、日本の『ゲーノーカイ』は」と、皮肉交じりに主張。

また、被害を訴えるカウアン・オカモト氏のツイートを引用する形で、「このあまりにも常識的な内容を、ジャニー喜多川から被害を受けたカウアンさんご本人から言われないと気付けないくらい、日本の『テレビ業界の住人』は『恩の支配』に汚染されてる」と指摘しました。

ジャニー喜多川前社長による性被害が告発されてから、この問題をめぐってさまざまな議論が交わされています。今後の専門家来日の動向にも注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  2. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る