京アニ放火殺人事件の青葉真司被告に死刑判決 判決が不服として被告側が控訴

2019年に京都アニメーションで発生した悲惨な放火殺人事件の裁判が、25日に京都地裁で行われました。この事件で、青葉真司被告(45)に対する裁判員裁判の判決が下され、増田啓祐裁判長は求刑通りの死刑を宣告しました。判決では、被告に完全な刑事責任能力があったと判断されています。

弁護側は無罪を主張しており、この事件の判決は精神障害による妄想の影響が焦点となっていました。検察側は、被告の妄想は「犯行に及ばなければ自分に危害が及ぶといった差し迫ったものではない」と指摘し、その攻撃的な性格が事件の原因であると主張しました。また、「類例を見ない凄惨(せいさん)な事件」とも強調しています。

一方で弁護側は、被告が重度の精神障害を抱え、「10年以上にわたって妄想の世界の圧倒的な影響を受けていた」と指摘しています。また、事件当時は善悪の判断や行動制御能力が失われていたと述べ、心神喪失状態であるとして無罪を訴えました。さらに弁護側は絞首刑による死刑の残虐性を指摘し、これを選択すべきではないとも強調しています。

死刑判決が不服として、青葉真司被告側が26日に控訴

2019年7月18日、京都アニメーション第1スタジオで青葉真司被告が起こした放火事件は、社員ら36人の命を奪い、32人を負傷させるという悲惨な結果を招きました。

この事件の加害者である青葉真司被告は重傷を負いながらも生存し、事件から1年5ヶ月後に起訴されています。2023年9月の初公判で被告は起訴内容を認め、「当時はこうするしかなかった。現在ではやり過ぎたと思っている」と自己の行動を振り返りました。

心神喪失でも心神耗弱の状態でもなかったとして、36人の死者を出した非業の事件に対して、京都地裁は死刑判決を下しました。犠牲者の遺族は法廷で被告に対して厳しい処罰を求め、「死をもって償ってほしい」と強く訴えていました。判決では被告の殺意の強さと行動の残虐性が強調され、極刑が必要とされたのです。

しかし、被告側はこの死刑判決に不服を申し立て、26日に控訴しています。ネット上では、「今後仮に最高裁まで争ったとしても死刑から変わる可能性は低いと思う」「罪が大きすぎる」「被害者の苦しみを自分自身に感じた時、本当の判決かと思います」などの反応が見られました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの心を強くする!レジリエンス教育とは 社会で生き抜くために必要な3つの特徴」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    レジリエンスとは、直訳すると「回復力」「しなやかさ」。心理学の分野では「心の回復力」を表します。レジ…
  2. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024/2/24

    体と脳
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「体と脳」(ライター:貴田雄介さん)…

過去よく見られている記事

  1. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る