サブウェイが投資ファンドの買収に最終合意 ロアーク側は入札額1.4兆円を提示

米国のサンドイッチチェーン大手のサブウェイは24日、投資ファンドのロアーク・キャピタルによる買収で最終合意したと明らかにしました。ロアーク・キャピタル側は入札額として、96億ドル(約1兆4,000億円)を提示したと報道されています。

ロアーク・キャピタルは、ジョージア州アトランタを拠点とするプライベートエクイティー投資会社です。プライベートエクイティー投資会社とは、主に非上場企業に投資し、株価が上昇したタイミングで売却して利益を得ている会社のことです。

ロアーク・キャピタルは過去に、バッファロー・ワイルド・ウィングスやアービーズなどの食品関連のブランドに出資しています。一方、サブウェイは1965年にコネティカット州ブリッジポートで、フレッド・デルーカ氏によって開かれた店が発祥です。

現在は100ヶ国以上で、合計3万7,000店近くを運営する世界最大級のファストフードチェーンとして知られています。長らく親族経営を続けてきたサブウェイですが、今回の買収により60年近く続いた親族経営が終了します。

ジョン・チッジー氏がCEOに就任して売上が増加傾向

近年、競合他社との厳しい競争の中で、サブウェイは売上の低下や店舗の閉鎖という課題に直面していました。具体的には、2015年から2021年までの間に6,000店以上が閉鎖されています。

そんな中、2019年にサブウェイは経営陣に変革をもたらし、創業家出身でないジョン・チッジー氏をCEOとして迎え入れました。ジョン・チッジー氏の下でサブウェイはブランドのリニューアルやメニューの見直しを行い、本社の人員削減などの改革を進めました。

同時に米国外での拡大を目指し、中国企業との大型契約を含む複数の新たなフランチャイズ契約を締結しています。上海富瑞食との契約では、約20年間で中国に4,000店を出店することになっています。サブウェイの売上は増加傾向にあり、特に米国内での売上は10四半期連続で成長を遂げています。

ジョン・チッジー氏は今回の買収に関して、「サブウェイの長期的な成長の可能性、そしてサブウェイのブランドと世界中のフランチャイズ加盟店の大きな価値を反映したものです」と説明した上で、「サブウェイはロアークとともに明るい未来を歩んでいき、引き続き加盟店とお客さま、そして従業員のウィン・ウィン・ウィンのアプローチを大切にしていくことを約束します」と語りました。両社の将来に大きな期待が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの適切な睡眠時間とは?とくに幼稚園児について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    睡眠はとても重要です。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本は先進国の中で、睡眠時間が最も…
  2. 2024年1月、日本の主要な電力会社5社の電気料金が値上がりすることが予想されています。この電気料金…
  3. イスラエルとイスラム組織ハマスは、ガザ地区での戦闘休止期間を11月30日に1日延長することで合意しま…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 青森刑務所内で開催された受刑者向け慰問活動『えんぶり』と観覧する受刑者たち

    2023-8-28

    青森刑務所内で4年ぶりに受刑者向け慰問活動『えんぶり』が開催

    2023年7月26日(水)青森刑務所内の講堂にて行われた八戸朳(えんぶり)研賛会による『えんぶり』と…
  3. 2023-4-11

    30〜70歳代の貯蓄ゼロが約2〜3割 貯蓄を増やすための効果的な節約術とは

    金融広報中央委員会は2023年2月、「家計の金融行動に関する世論調査2022年(二人以上世帯調査)」…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第3回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 柳沢有紀夫氏|海外書き人クラブのお世話係
    『海外書き人クラブ』という世界各国で活躍する日本人ライター集団のお世話係として活動する柳沢有紀夫氏。…
  2. 演歌歌手・琴けい子
    演歌歌手生活40年を越えた琴けい子氏が、デビュー当時から精力的に行っているのが全国の刑務所を巡るボラ…
  3. 寺田真理子
    メンタルヘルスの問題に悩む人は多い。一見すると万事順調に見える人がうつ病を経験していることも珍しくな…
ページ上部へ戻る