ヴェネツィア国際映画祭 東京報道新聞

2023年8月30日、イタリア・ヴェネツィアのリド島で第80回ヴェネツィア国際映画祭が開幕しました。

今年は、マイケル・マン監督作「フェラーリ」、ブラッドリー・クーパー監督の「マエストロ」、ソフィア・コッポラ監督の「Priscilla」など、数々の受賞候補作が上映されます。

日本からは濱口竜介監督が参加し、ラインアップ発表の際から脚光を浴びています。
濱口監督は、第74回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞後、第94回アカデミー賞で国際長編作品賞を受賞し、国際的な知名度を上げました。

ヴェネツィア国際映画祭の最高賞である「金獅子賞」を競うコンペティション部門に選ばれた「悪は存在しない」は、音楽家の石橋英子さんからライブパフォーマンス用の映像制作の依頼を受けたことをきっかけに、濱口監督が脚本を書き下ろした作品です。

レッドカーペットには、トニー・レオンと妻のカリーナ・ラウをはじめ、アダム・ドライバー、パトリック・デンプシーなど、豪華な顔ぶれが登場しました。

しかし、全米映画俳優組合(SAG-AFTRA)のストライキの影響で、一部の映画のPR活動は制限される可能性があり、。実際に、ルカ・グァダニーノ監督の「Challengers」が取り下げになりました。

ヴェネツィア映画祭の最高責任者であるアルベルト・バルベーラは、グァダニーノ監督の映画に代わって、エドアルド・デ・アンジェリス監督の映画「Comandante」を、オープニング作品として上映することを決定。

第二次世界大戦を題材とした本作は、イタリアのトップ俳優ピエルフランチェスコ・ファヴィーノが、1940年10月15日に潜水艦カペリーニの艦長として、ベルギーの商船カバロを撃沈し、26人の乗組員を救助した実在の人物、サルヴァトーレ・トダーロを演じています。

80回目の開催を迎えたヴェネツィア国際映画祭は、今年も世界中から注目を集めており、9月9日まで開催されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る