トヨタの営業利益が5兆3,000億円を達成 日本の上場企業として初の5兆円超え

トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の上場企業として初めて営業利益が5兆円を超えるという歴史的な記録を達成しました。この大幅な増益は、ハイブリッド車を中心とした販売の好調と、北米やヨーロッパでの車の性能向上に伴う値上げが主な要因です。

さらに円安の影響により、6,850億円の利益が押し上げられる形となりました。2023年度の営業収益は前年度比21.4%増の45兆953億円を記録し、これも過去最高の更新となります。一方で、営業利益は前年度比96.4%増の5兆3,529億円となり、最終利益は前年比101.7%増の4兆9,449億円となりました。

2024年度の見通しについては、営業収益が46兆円と昨年度より2%増を予測していますが、営業利益は4兆3,000億円と19.7%減、最終利益は3兆5,700億円と27.8%減となる減益が見込まれています。この減益の理由としては、EVやAIなど成長領域への投資拡大、仕入れ先の支援や従業員の職場環境改善に向けたコストが増加するためです。

また、トヨタは2024年度の生産見通しを公表し、トヨタ単体での生産台数が昨年度の997万台から1,000万台に増加するとしています。このような動きは、同社が今後も持続的な成長を目指していることを示しています。

トヨタ社長「さらなる成長戦略を描き持続的成長に繋げていく」

トヨタ自動車が発表した2023年度の決算は、前例を見ない大幅な利益増となりました。トヨタの佐藤恒治社長は、「今回の実績は長年のたゆまぬ商品を軸とした経営と積み上げてきた事業基盤が実を結んだ結果だ」と述べ、さらに「この経営基盤をもとにさらなる成長戦略を描き持続的成長に繋げていく」と持続的な成長への意欲を示しました。

また、宮崎洋一副社長も「過去数年と異なり事業環境が穏やかであったことから、これまで地道に積み上げてきた収益構造強化の取り組みの成果が大きくあらわれた」とコメントしています。

2023年度の営業利益は5兆3,529億円に達し、これは前の年度の2兆7,250億円から大幅に増加した数値です。この増益の背景には、ハイブリッド車を中心とした好調な販売と、円安による利益の押し上げがあります。特にハイブリッド車は、世界全体で前年度比31.1%増の355万7,609台を販売しました。

また、トヨタは為替変動の影響で、ドルで4,700億円、ユーロで1,450億円の利益を増やしました。一方で、原材料価格の高騰による2,650億円の減益がありましたが、コスト削減の取り組みによって1,200億円の増益を達成しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対…
  3. 俳優の河合優実氏が主演した山中瑶子監督の映画『ナミビアの砂漠』が、第77回カンヌ国際映画祭で国際映画…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る