「ファスト映画」の無断投稿で所属不明だった男1人に賠償5億円を命じる

映画を10分程度に編集した「ファスト映画」を無断で投稿されたとして、東宝や日活など映像大手13社が男女3人に対し、損害賠償計5億円を求める訴訟を起こしていました。この件について、東京地裁は8月24日に所在が不明であった男1人に対し、請求通り計5億円の賠償を命じる判決を下しました。

一般社団法人「コンテンツ海外流通促進機構(CODA)」が明らかにしました。東京地裁は2022年11月、所在が特定できていた2人に対して、原告の主張を全面的に認めた同様の判決を下しています。今回の1件で、賠償命令は全員に適用される形となりました。

事件の経緯として、所在不明だった1人については、海外に出国して訴状の送達が難しい状況でした。このため原告側は2023年5月に、所在が不明な状態でも訴状が到達したものと認定される「公示送達」を申し立てています。

今回の判決に対して、CODAは「海外に滞在していると思われる所在不明者であっても、逃げ得は許さないという機運の醸成の一助となるものと期待しています」と語っています。その上で「一連の判決は、ファスト映画による権利者への損害額を明確に認定することで著作権侵害への大きな抑止力となる、大変画期的な判決であると受け止めております」とコメントしました。

CODAの代表理事「やり得は許さない」

2022年、「ファスト映画」による損害賠償請求が行われたことで、CODAによる記者会見が開かれました。CODAの後藤健郎代表理事は記者会見で、「著作権侵害に対する大きな抑止力になる判決で、損害額が1回の再生につき200円と認められたことは、今後の対策に大きく資する」とした上で、「『やり得は許さない』という映画関係者のきぜんとした態度の結果だと思う」と話しています。

さらに、映画や動画の不正な再生に対する意識改革の必要性を訴え、「動画を見た人は軽い気持ちだったと思うが、動画を見ることで著作権を侵害する側の広告収入を手助けすることになる。『ファスト映画』は見ないという認識を持ってもらうことが必要だ」と強調しました。

一連の裁判で原告は、損害賠償の計算根拠として、YouTubeの映画の一時ストリーミング視聴の価格が400円を下らないこと、またプラットフォーム手数料を差し引き、その金額は1再生あたり200円を下らないこととしました。不正アップロードされた13社の54作品の視聴回数が約1千万回だったことから、これを基に損害額は約20億円と算定し、最低5億円の支払いを求めていました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  2. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る