NTTが独自開発の生成AI「tsuzumi」を提供開始 「ChatGPT」に匹敵する日本語能力

NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサービスの提供を開始しました。このサービスは議事録の自動作成やバーチャル接客など、多岐にわたる分野での活用が期待されており、2027年には年間売上高1,000億円を目指しています。

このAI技術の基盤となるのは、「tsuzumi(つづみ)」と名付けられた大規模言語モデルです。厳選されたデータによる学習を通じて、日本語の理解と生成能力を大幅に向上させています。

米OpenAIの「ChatGPT」に匹敵する日本語能力があるとされており、NTTはこの技術を用いて顧客のニーズに合わせたカスタマイズが可能なサービスを展開し、データセンターや専用回線を通じた高い機密性を保持する運用を提供します。

島田明社長は記者会見で、tsuzumiの国産技術である点が評価されたことを強調し、企業や自治体、大学からの関心の高さを示す500件以上の問い合わせがあったことを明らかにしました。この動きは、日本語特化の生成AI技術の商用化に向けた国内企業間の競争が激化していることを示しており、NECやソフトバンクも同様の技術開発を進めています。

大規模言語モデル「tsuzumi」とは?モデルの軽量化が主な特徴

NTTグループが開発したtsuzumiは、モデルの軽量化と高い言語処理能力が主な特徴です。パラメタサイズが6億(0.6B)と70億(7B)の2つのバージョンがあり、これはOpenAIのGPT-3の1,750億(175B)と比較して大幅に小さくなっています。

この軽量化により、高速な推論を可能にし、学習やチューニングに必要な電力とコストの両方を抑えられます。また、NTTの40年以上にわたる自然言語処理の研究成果を集結させたtsuzumiは、日本語と英語の両方に対応しており、小さなパラメタサイズでも高い精度を実現しています。

さらに特定の業界や利用シーンに合わせたカスタマイズが容易で、画像を含む文書の理解や検索などのマルチモーダルについても対応予定です。これにより、カウンセリングやコールセンターなど、多岐にわたる分野での応用が期待されています。

その上でNTTグループの豊富なアセットを活用し、ユーザーインターフェースの使いやすさやセキュリティの強化など、独自の付加価値をプラスします。ドコモビジネスでは、DX推進のためにtsuzumiを活用したソリューションの提案を進めており、カスタマーエクスペリエンスやエンプロイーエクスペリエンスの向上、事業継続性の確保など、幅広いニーズに応えることを目指しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. YOSHIKIさんと小学館の裁判の第2回口頭弁論が行われた東京地方裁判所
    X JAPANのリーダー・YOSHIKIが所属する音楽事務所・ジャパンミュージックエージェンシー(J…
  2. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…
  3. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…

過去よく見られている記事

  1. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る