18日、岸田首相が旧統一教会に対して消費者契約の法制度見直しを表明

18日の衆院予算委員会にて、岸田文雄首相は「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の被害者救済に向けた消費者契約の法制度見直しについて、今国会での法改正案提出を念頭に準備を進める考えを示しました。

また、岸田首相は「準備ができたものから順次提出したい。できるだけ早く提出させる」と、積極的な姿勢を示しました。そして、政府の窓口に寄せられた相談のなかに「警察につないだ案件が含まれている。刑法をはじめとするさまざまな規範に抵触する可能性がある」と語っています。

岸田首相は前日、旧統一教会に対して宗教法人法が規定する質問権を行使して調査を進めるよう、文部科学大臣に指示しています。また、今回の岸田首相の発言を受け、河野太郎消費者担当相も法令見直しに速やかに取り組む姿勢を強調しました。

ようやく政府は旧統一教会に対してアクションを起こしましたが、世論に押される形で動いたことに、自民党内からは「もっと早く判断すべきだった」という意見もあがっています。

そもそも世界平和統一家庭連合(旧統一教会)とは?

全国で次々と明らかになる、旧統一教会と政治家とのつながり。関連団体イベントへの出席や祝電を送るなど、旧統一教会との接点が相次いで明らかになったことで波乱を呼んでいます。

そもそも世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は、1954年に韓国で創設された新新宗教およびその宗教団体・宗教法人です。宗教学ではキリスト教系の新宗教だとされており、文化庁が発行している宗教年鑑では、キリスト教系の単立に分類されています。

最近は、この旧統一教会の悪いニュースが飛び交っています。先日報道されたものとしては、旧統一教会への高額献金などで家庭が崩壊し、長男を焼身自殺で失ったとされる方が取り上げられました。会見を開いた際には、教団側が「メディアに出てほしくない」と述べていたことを明らかにしました。

さらに、旧統一教会が新たな手法で献金を集めていることを信者家族が証言するなど、印象を損ねるニュースが度々報道されています。このような悪いニュースが報道されたことで国民は、「旧統一教会は報道されている以上に悪いことをしているのでは?」などと、旧統一教会を疑問視する意見を発信しています。

世論に押される形で政府が動くことになりましたが、法制度の見直しや何かしらの措置が行われることに注目が集まっています。政府の今後の動向に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る