消費者庁が日本アムウェイ合同会社に6ヶ月の取引停止を命令 特定商取引法に違反

消費者庁は14日、連鎖販売業者である日本アムウェイ合同会社に対し、6ヶ月の取引停止命令を下しました。消費者庁によりますと、相手に会社名や目的を告げずに一般人が出入りしないような場所に誘い出し、会員登録をしつこく勧誘したりするなど、特定商取引法に違反する行為が見られたとされています。

以前からトラブルが多く、批判や苦情が多く寄せられていた日本アムウェイですが、今回初めて行政処分が下りました。全国の消費生活センターには、日本アムウェイに関する相談が3年半で953件寄せられ、半数近くが20代だったとされています。

行政処分を受けた日本アムウェイは公式サイトにて、「本件により、ご関係の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。弊社は、ダイレクトセリングを牽引する責任ある企業として、本件を厳粛に受け止めております」とコメント。

さらに続けて、「一部会員の違法行為を踏まえ、改めて倫理綱領・行動規準、会員に向けたトレーニングの見直し、関連法令や規則の周知、コンプライアンスの更なる徹底などを通じて、実効性のある業務改善と再発防止対策を講じてまいります」と、コンプライアンスの強化と会員の再教育の実施について述べました。

「ABEMA TV」でひろゆきが日本アムウェイについてコメント

14日、実業家のひろゆきが「ABEMA TV」にリモートで出演し、行政処分が下された日本アムウェイに対してコメントを残しました。

番組内でコメントを求められたひろゆきは、「アムウェイってもうちょっと前に結構こういうので騒がれてたから、取引停止みたいなの『初めてなんだな』ってむしろ驚いたんですけど。なんで今なんだろうって感じです」と、率直な意見を述べています。

ひろゆきのコメントに対し、ゲスト出演したカンニング竹山は「おっしゃり通り、アムウェイさんって言ったらわれわれ学生のときから、二十歳前後になったら友達がアムウェイのなんかになって関係崩れるとか、そういうこともずっと起こってきた」と過去の実体験を語りました。

それに加えて、「だから、今ここでこういうことをやるというのは何か意味が多分あるんだろう」と、行政処分が実施された理由について意見を表明。

ネット上では日本アムウェイに対し、「私も20年位前にバイト先の社員に勧誘された経験があります」「アムウェイの問題について、もっと取り締まって欲しい」など、実体験を踏まえた批判的な意見が多くあがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  2. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  3. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る