米津玄師「KICK BACK」がアメリカレコード協会からゴールド認定 39年ぶりの快挙

シンガーソングライターの米津玄師氏(32)が手掛けた楽曲「KICK BACK」が、8月にアメリカレコード協会(RIAA)からゴールドの認定を受けました。日本語詞を持つ楽曲として、RIAAからの認定を受けたのは史上初の快挙となります。

オノ・ヨーコ氏が1984年に、ジョン・レノン&ヨーコ・オノ名義の「DOUBLE FANTASY」と「MILK&HONEY」で受けた認定以来、日本人アーティストとしては39年ぶりの偉業となりました。米津玄師氏の「KICK BACK」は2022年10月にリリースされ、人気テレビアニメ「チェンソーマン」のオープニングテーマとして採用されています。

RIAAのゴールド認定は、米国内で50万ユニットを記録すると認定を受ける仕組みです。2016年に計算方法が修正され、1ユニットはデジタルシングル1枚のリリース、もしくはストリーミング150回再生が1ユニットとしてカウントされるようになりました。

米津玄師氏はこの受賞について「うれしかったですね。ひとえに『チェンソーマン』のおかげだと思います」と語りました。さらに「アメリカのポップミュージックは子供の頃からよく聴いていた。そこで受け入れられたのは本当に喜ばしいこと。米国にはいつかライブとかで行ってみたい」とのコメントを寄せています。

ネット上では、「これは素直に素晴らしいと思いました」「ハチさんのころからファンの身としては、いまの米津さんの活躍がとても嬉しいです」「評価されるべき方が評価されて嬉しいです」などの意見が見られました。

MV制作について米津玄師氏「あれは監督の奥山さんの手腕」

米津玄師氏と常田大希氏が筋トレをテーマに対決する「KICK BACK」の映像作品は、ファンの間で大きな反響を呼んでいます。このMVの監督を務めたのは奥山由之氏で、その完成度に対して米津玄師氏は「あれはすごかったですね。あれは監督の奥山さんの手腕で、こんなに素晴らしいミュージックビデオが出来上がったのは、すごく幸せなことだと思います」とコメントしました。

さらに続けて「それまでの自分のモードとして、曲やミュージックビデオの中にユーモアや笑える要素を取り入れる、そのことによって自分を俯瞰から眺めることで作り変えていくみたいなことを2、3年くらいやってきたんですけれど、『KICK BACK』の映像が出来て、これ以上はないなという感じがした。そういうエポックメイキングな出来事でした。やりきった感しかないですね」と、メイキングについて感想を述べています。

「KICK BACK」という楽曲は、海外の音楽シーンのトレンドを追うものではなく、独自のスタイルで制作されました。この曲が英語圏や北米のポップスとは違った方向性を持つにも関わらず、米国のマーケットで好評を博しているのは国際的に評価されている証拠だと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  2. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  3. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る