5日、嵐莉菜が釜山国際映画祭で初のレッドカーペットに参加 川和田恵真監督が同行

嵐莉菜は5日、韓国・釜山で幕を開けた「第27回釜山国際映画祭」のオープニングセレモニーに参加し、川和田恵真監督と一緒にレッドカーペットを歩きました。

嵐莉菜は白地にスパンコールのドレス姿でレッドカーペットに臨み、堂々とした振る舞いで現地メディアや観客の歓迎に笑顔で応えています。海外の国際映画祭でレッドカーペットを歩くのは今回が初ですが、「たくさんの観客の方が話しかけてくださったり、手を振ってくださったり、すごく笑顔で温かく歓迎してくださったので、本当に幸せでした。忘れられない最高の時間になりました」と、華やかな笑顔とともにコメントを残しました。

また、嵐莉菜は「私の初主演作品が、釜山国際映画祭で上映されること、大変光栄に思っています。初のレッドカーペットを歩かせていただき、改めて川和田監督には本当に感謝しています」と、川和田監督に感謝の気持ちを伝えています。

その後、川和田監督はレッドカーペット参加に対し、「釜山の企画マーケットから始まったこの作品を持って、莉菜さんとともにレッドカーペットに参加できたこと、とても嬉しく思います。大変温かく迎えていただき、上映も楽しみです」と言及しました。

注目されているモデル・嵐莉菜について

レッドカーペットに参加したことでさらに注目が集まる嵐莉菜。嵐莉菜は、抜群のスタイルと華やかな笑顔が魅力的な、ファッション誌「ViVi」の専属モデルです。

幼少期はキッズモデルとして活動していた嵐莉菜は、中学2年生のときに大手動画サイトTikTokでバズり、「天使すぎる!」「可愛すぎる」と大ブレイク。その後、現在の所属事務所にスカウトされ、2019年には「ミスiD」2020グランプリを受賞しています。

メディアに出るたびに話題になるほどの抜群のプロモーションを放ち、モデルとしての活動だけでなく、映画主演としても活躍しています。さらに、嵐莉菜は現役女子高生として、ドイツ・日本・イラン・イラク・ロシアの5ヶ国のマルチルーツを有しているのが特徴です。

本格女優デビューを果たしたときには「撮影が終わってから〝演技ロス〟になり、こんなに演技というものに楽しさを感じていたんだと知りました」とコメントしました。

嵐莉菜は所属事務所の先輩である中条あやみ(25)を目標にしており、「私にとって神様です」と絶賛しています。レッドカーペットで話題沸騰となりましたが、嵐莉菜の活動はまだ始まったばかりなので、今後の活躍・動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構…
  2. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る