第66回グラミー賞、テイラー・スウィフト氏が最優秀アルバム賞を受賞 史上最多の4回目

第66回グラミー賞の授賞式が4日(日本時間5日)に行われ、最優秀アルバム賞にテイラー・スウィフト氏の「ミッドナイツ」が選ばれました。テイラー・スウィフト氏が同賞を受賞するのは4回目で、これまでの最多記録(3回)を更新しました。

一方、最優秀楽曲賞にはビリー・アイリッシュ氏の「ホワット・ワズ・アイ・メイド・フォー?」が選ばれています。この楽曲は映画「バービー」のために作られたものです。

また、マイリー・サイラス氏の「フラワーズ」が最優秀レコード賞を、ビクトリア・モネ氏が最優秀新人賞を獲得し、女性アーティストが主要部門を席巻しました。

なお、日本人ベーシストのモト・フクシマ氏が参加するハウス・オブ・ウォーターズのアルバムは、最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞にノミネートされながらも、受賞には至りませんでした。モト・フクシマ氏は神戸市出身で、現在はニューヨークで活躍しています。

ネット上では、「なんてドラマチックな歌手なんだ」「やはり世界の歌姫の貫禄」「おめでとうございます。これからも応援します」などの意見が寄せられています。

カナダ人歌手のセリーヌ・ディオン氏「ここにいられて嬉しい」

テイラー・スウィフト氏の受賞は、プレゼンターを務めたカナダ人歌手のセリーヌ・ディオン氏が発表しました。セリーヌ・ディオン氏は2022年に、難病を患っていることを公表しています。

熱狂的な歓迎を受けたセリーヌ・ディオン氏は、「ここにいられて嬉しい。心から本当にそう感じています」と感激を語りました。そしてテイラー・スウィフト氏は「みなさんに、いまが人生で最高の瞬間だと伝えたい」と述べ、その上で曲の作成やリハーサル、ショーの準備でも同じように幸せを感じるとコメントしています。

また、「私にとって、この賞は作品そのものです」とも語っており、音楽に対する情熱と幸せを表現しました。テイラー・スウィフト氏は2010年に「Fearless」、2016年に「1989」、2021年に「Folklore」で年間最優秀アルバム賞を受賞しています。

今回の授賞式では女性アーティストが輝きを放ちました。一方で、男性受賞者で最多の3部門を受賞した米ラッパーのキラー・マイク氏が、授賞式会場にて軽犯罪で逮捕されるという出来事がありました。彼は警備員との口論の末、ロサンゼルス警察によって逮捕され、後に釈放されたと報じられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけ…
  2. 神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIはわたしたちに何をもたらしたのか?」(…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る