東京国際映画祭/東京報道新聞取材

2023年10月23日から11月1日までの9日間、東京国際映画祭が開催された。
今年は、生誕120年を迎える小津安二郎監督の特集や、エシカル・フィルム部門の創設など、新たな試みも行われた。

東京国際映画祭/東京報道新聞取材
[Closing Ceremony]©2023 TIFF

【コンペティション部門】では、中国映画『雪豹』が東京グランプリを受賞した。
この作品は、中国人民解放軍の英雄、楊根思の半生を描いた戦争ドラマである。
楊根思は、1950年に朝鮮戦争の戦場で、敵の機関銃座に突撃して敵を全滅させたことで知られる。

審査委員会は、この作品について「時代を超えた普遍的なテーマを、力強く描いた作品」と評価した。

【最優秀監督賞】は、稲垣吾郎主演の『正欲』を手掛けた松本准平監督に贈られた。
この作品は、現代の東京を舞台に、ある男の欲望と葛藤を描いた人間ドラマである。

審査委員会は、この作品について「現代社会の矛盾を鋭く描き、観客に強い印象を与えた作品」と評価した。

【最優秀男優賞】は、同じく『正欲』に主演した稲垣吾郎氏に贈られた。
稲垣氏は、この作品で、欲望に翻弄される男を繊細に演じ、高い評価を得た。

審査委員会は、稲垣氏の演技について「複雑な感情を巧みに表現し、観客を魅了した演技」と評価した。

【観客賞】は、韓国映画『ザ・キング』に贈られた。
この作品は、韓国の歴史を題材にしたアクション映画である。

【エシカル・フィルム賞】は、中国映画『20000種のハチ(仮題)』に贈られた。
この作品は、絶滅の危機に瀕したハチを守るために奮闘する人たちを描いたドキュメンタリーである。

ー小津安二郎特集、現代の映画人に影響を与えるー

東京国際映画祭/東京報道新聞取材
[120th Anniversary Ozu Yasujiro Commerative Conversation “Shoulders of Giants”]©2023 TIFF

今年の東京国際映画祭では、生誕120年を迎える小津安二郎監督の特集が組まれた。
小津監督は、戦前から戦後にかけて活躍した日本を代表する映画監督であり、その作品は「小津ワールド」と呼ばれる独自の世界観で知られる。

特集では、小津監督の代表作である『東京物語』『秋刀魚の味』『お早よう』など、12作品が上映された。
また、小津監督の映画を愛する映画監督や俳優を招いてのトークイベントも行われた。

特集には、多くの映画ファンが訪れ、小津監督の映画の魅力を再認識する機会となった。

ー新たな試み、エシカル・フィルム部門の創設ー

東京国際映画祭/東京報道新聞取材
[TIFF Ethical Film Award Ceremony & Talk Session by Juries]©2023 TIFF

今年の東京国際映画祭では、エシカル・フィルム部門が新たに創設された。
この部門では、環境や社会問題など、倫理的な観点から製作された映画が上映される。

部門の創設には、映画を通じて社会課題への理解を深め、行動を促すという狙いがある。

部門には、日本や世界各国から15作品が上映された。
その中には、気候変動や貧困、人権問題など、さまざまなテーマを扱った作品が含まれていた。

部門の創設は、東京国際映画祭が社会課題にも目を向ける国際映画祭としての姿勢を示すものとなった。

ー東京国際映画祭の来場者数は、前年比10%増の24万人ー

2023年の東京国際映画祭の来場者数は、前年比10%増の24万人となった。
これは、コロナ禍からの回復と、新たな試みによる効果が表れたものと考えられる。

来場者数は、2022年の22万人から2万人増加した。
このうち、外国人来場者は2万人で、前年比15%増となった。

ー東京国際映画祭の今後ー

東京国際映画祭は、今年で36回を迎えた。
これまで、世界各国の優れた映画を紹介し、日本の映画文化の発展に貢献してきた。

今後も、東京国際映画祭が、世界中の映画ファンに愛される国際映画祭であり続けることを期待したい。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. トヨタ自動車は今夏にも、特定の条件下で人が運転に関わらない「レベル4」の自動運転サービスを始める予定…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「ばぁば、AIがなかったころのお話を聞かせて…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  3. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る