阪急電鉄の新大阪と大阪間の連絡線にJR西日本が乗り入れを検討 2031年開業を目指す

阪急電鉄が計画している新大阪と大阪間の連絡線に、JR西日本が乗り入れを検討していることが判明しました。この新しいルートは、新大阪から関西国際空港までの相互運転を可能にし、乗客の利便性を大きく向上させる可能性があります。

大阪市中心部の鉄道整備を巡り、阪急は新大阪と十三を結ぶ「新大阪連絡線(仮称)」、そして十三と大阪を結ぶ「なにわ筋連絡線(同)」の2つの連絡線を2031年に開業することを目指しています。JR西日本と南海電気鉄道もこの新線に乗り入れる計画を立てています。

阪急とJR西日本の線路幅は異なるにもかかわらず、両社は相互運転を実現するために連携を強化。特にJR西日本は、既存の線路からなにわ筋線に接続でき、さらに十三を経由することで阪急線の利用客の取り込みが容易になるとしています。

南海電気鉄道は既に乗り入れる方針を打ち出しており、JR西日本も「ネットワークが広がれば利用客も増える」として、新大阪からなにわ筋線を経由した関西国際空港へのルート実現を探っています。この新ルートの実現により、乗客にとっての乗り換えの解消や時間短縮が期待され、大阪市内の鉄道ネットワークの利便性と接続性は一段と高まる見込みです。

ネット上では、「阪急電車、長年の夢がやっと叶うんですね」「淀川の下潜らせる工事は難関だよね」「かなり大掛かりな工事になりそうだ」「あの十三駅をどうやって工事を進めて行くのか…」などの意見が寄せられています。

新大阪から関西国際空港まで、1時間に6本程度の急行列車を運行

阪急は新たに設立する「阪急新大阪駅(仮称)」から関西国際空港まで、1時間に6本程度の急行列車を運行する計画を明らかにしました。この新ルートは南海電気鉄道も利用する予定で、両社の合意により計画は一歩前進しています。

阪急の目論見は、南海線・空港線とJR西日本の阪和線・関西空港線への乗り入れを可能にすることです。ただし、阪急とJR西日本の相互運転が実現しない場合、阪和線を利用する阪急の利用客が南海へ流れる可能性があります。

「新大阪連絡線(同)」と「なにわ筋連絡線(同)」の開業は7年後の2031年に予定されています。今後の計画進行に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…
  2. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…
  3. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る