長期金利が0.7%まで上昇 9年8ヶ月ぶりの高水準を記録

9月11日、東京債券市場は活発な動きを見せました。新発10年物国債の流通利回りが一時、前週末終値比0.050%高い0.700%まで上昇し、2014年1月から9年8ヶ月ぶりの高水準を記録しました。

市場の動向は、日本銀行の金融緩和策の転換が近いという見方に起因しています。米国の景気先行きの不安が後退する中、日本経済の回復への期待が増しています。

日本銀行は7月、長期金利の上限を事実上1.0%へと引き上げました。11日は長期金利が上昇しましたが、日本銀行が金利を抑えるための計画外の国債買い入れを通知しませんでした。この事態は、債券の売却が一段と進む要因となりました。

SMBC日興証券の奥村任氏によると、「金利上昇を試していく段階が続く」との見方を示しています。さらに、日本銀行の植田和男総裁がインタビューで、「いろいろなオプション(選択肢)がある」と述べました。加えて、「年末までに十分な情報やデータがそろう可能性はゼロではない」とも指摘しています。

11日の東京外国為替市場の動きとしては、円が1ドル=146円台後半で取引され、前週末に比べて円が約70銭高くなったことが明らかとなりました。ネット上では、「植田総裁は健全な金利上昇を望んでいると思います」「日本国債の金利上昇も容認せざるを得ないかと思います」「円安の是正を狙っているのでしょうが、これがどの程度効果を発揮するかは疑問があるところです」などの意見が寄せられています。

YCC柔軟化について|「円安に配慮して前倒しに決断したと思われる」

11日の金融・証券市場では、長期金利の急上昇が確認されました。これは、日本銀行の植田和男総裁が金融政策引き締めを示唆したとの観測から急上昇が見られました。

為替市場では円安の動きが続き、消費者物価は3%台の増加を示しています。この背景には、日本銀行が7月に行った長短金利操作、通称YCCの運用の柔軟化が影響しているとの見解があります。

大和証券の岩下真理氏は、YCCの柔軟化について「円安に配慮して前倒しに決断したと思われる」と11日付のリポートで語りました。一方、岡三証券の長谷川直也氏は、YCCの撤廃やマイナス金利解除について、年内決定の可能性は無視できないと指摘しています。

また、その実施は2024年1月と予想しており、報道内容はYCC撤廃だけでなく、マイナス金利解除が遠くないことを感じさせる内容だったと受け止めています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…
  2. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…
  3. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る