13歳の少年がテトリスを完全攻略 レベル157でAIの水準に到達

米国のオクラホマ州に住む13歳の少年ウィリス・ギブソン氏が、テトリスの任天堂版を完全攻略したと米紙ニューヨーク・タイムズが報じました。2023年12月21日に自宅でこの偉業を成し遂げたウィリス・ギブソン氏は、レベル157に到達した時点でゲームがクラッシュし、得点は表示限界の「999999」に達しました。これは過去に人工知能(AI)だけが到達していた水準です。

YouTubeに投稿された映像によると約40分でこのレベルまで到達しており、プレイ中に突如画面が静止し、「なんてことだ」と叫ぶ姿が映されています。ボタンを押し続けたことで、指の感覚を失っていたとのことです。

2011年まで、プレーヤーが到達できる最高レベルは29とされていましたが、その後プレーヤーたちはより高いレベルを目指し、「ハイパータッピング」「ローリング」などの技術を編み出してきました。ウィリス・ギブソン氏自身は、2023年のテトリス世界選手権で3位に入るほどの実力を持っています。

ネット上では、「そのパワーを別に活かせるとよりよい社会になるかも」「無駄に見ちゃったけど、リアクションがまた良かった」「何事も極める事は凄いこと」などの意見がみられました。

テトリスは1984年に誕生|「遺伝子工学」からスタート

大人気パズルゲーム「テトリス(Tetris)」は1984年に誕生しました。テトリスを開発したのはアレクセイ・パジトノフ氏で、彼は当時ソビエト連邦の科学アカデミーで働くコンピュータ技術者でした。

古典的なパズルゲーム「ペントミノ」からインスピレーションを得て、初期版「遺伝子工学」というゲームを作成。より「中毒性」のあるゲームを目指し、ブロックが上から落ちてくる仕組みを考案しました。

さらに、横一列にブロックを揃えると消えるという革新的なシステムを導入することで、ゲームは新たな魅力を獲得しました。この中毒性の高さにより、ゲームをしていなくてもブロックが見える「テトリス・エフェクト」という言葉も生み出しています。

ハーバード大学の医学校が2000年に行った研究によると、テトリスを長時間プレイした被験者の63%が、実生活や夢でテトリスのブロックが見えたと報告しています。一方で、テトリスの持つ高い中毒性は、アルコールなどの依存症患者の欲求軽減やPTSD予防にも効果があるとされ、その治療効果に関する研究が何年も続けられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…
  2. NTTドコモは3日、無人航空機を活用した「空飛ぶ基地局(HAPS)」の商用化を2026年に目指すと発…
  3. 神戸須磨シーワールド 公式テーマソングLIVE
    2024年5月30日(木)に、神戸須磨シーワールドの関係者およびメディア向けに、シンガーソングライタ…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る