トランプ前大統領が圧倒的にリード 共和党争い初戦が15日に迫る

米国の政治舞台は、11月の大統領選に向けて激動の時を迎えています。共和党の候補者選びの初戦となるアイオワ州党員集会が15日に迫る中、前大統領のドナルド・トランプ氏が圧倒的なリードを保っています。

ロイター/イプソスの最新の世論調査によると、ドナルド・トランプ氏の支持率は49%に達しており、他の候補者を大きく引き離しています。2位はヘイリー元国連大使で支持率は12%、3位はデサンティス・フロリダ州知事で支持率は11%です。この調査は3日から9日にかけて自称共和党員1,941人を対象に行われました。

この状況の中、10日夜にはヘイリー元国連大使とデサンティス・フロリダ州知事によるテレビ討論会が開催され、共和党候補としてドナルド・トランプ氏に代わる選択肢を目指します。しかし、ドナルド・トランプ氏自身はこの討論会に参加せず、これが5回目の欠席となります。

9日に発表された2つの世論調査によれば、初戦アイオワ州ではヘイリー元国連大使とデサンティス・フロリダ州知事の支持率が拮抗しており、東部ニューハンプシャー州ではヘイリー元国連大使がドナルド・トランプ氏に迫る動きを見せています。

さらに、10日に発表されたロイター/イプソスの調査では、実業家のビベック・ラマスワミ氏への支持率が4%、その他の候補者は2%未満となっています。不明確な回答は約18%でした。特に教育層による支持の違いが目立ち、大卒有権者ではドナルド・トランプ氏が34%であり、ヘイリー元国連大使が21%、大学未卒層での支持率は8%にとどまっています。

ネット上では、「実は民主党陣営もトランプが共和党代表になることを願ってる」「トランプ支持者は、ほぼ移民政策だと言って良い」「トランプの言動やパフォーマンスは過激だが政策はここまでおかしな事にはなっていない」などの意見が寄せられています。

2023年10月時点でもトランプ前大統領が圧倒的にリード

2023年10月の調査でも、中西部アイオワ州での初戦において、ドナルド・トランプ氏が他の候補者を大きく引き離し、圧倒的なリードを保っていることが明らかになっています。

この調査は10月22日から26日に実施されたもので、アイオワ州の党員集会に参加する可能性の高い404人を対象に行われました。結果、ドナルド・トランプ氏の支持率は43%に達し、同率2位のヘイリー元国連大使とデサンティス・フロリダ州知事に約30%ポイントの差をつけています。

8月の調査からドナルド・トランプ氏のリードが拡大し、他の候補者にとって大きな痛手となりました。また、ドナルド・トランプ氏がバイデン大統領に勝利する可能性については、65%の回答者が肯定的な見方を示しています。共和党は2024年1月15日にアイオワ州で党員集会を開催し、大統領候補指名争いを開始する予定です。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「医師の行政処分 34年間で800人は基準が甘い?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師は人々を病気の脅威から守り、人の命を助ける大切な職業の一つですが、医師の行政処分は34年間で80…
  2. 大阪市は27日、小林製薬に対して健康被害の報告を受けた「紅麹コレステヘルプ」など3種類のサプリメント…
  3. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…

過去よく見られている記事

  1. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…
  2. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る