ED治療薬がアルツハイマー病の発症リスクを18%低減 認知症の治療に効果的か

最近の研究により、バイアグラなどの男性機能不全(ED)治療薬を服用する男性が、アルツハイマー病の発症リスクを18%低減できる可能性が明らかになりました。この調査結果は、学術誌「ニューロロジー」に7日発表され、認知症研究の分野で注目を集めています。

アルツハイマーズ・リサーチUKからは、すでに市場に出ている薬の再利用が、認知症の予防や治療の新たな進展に繋がる可能性があるとのコメントがありました。この研究は、ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームが行ったもので、40歳以上でEDと診断された26万人以上の男性のうち、診断後にアルツハイマー病を発症した約1,100人を調査しました。

その結果、ED治療薬を服用したグループは、そうでないグループに比べてアルツハイマー病の発症率が18%も低いことが判明しました。この発見は、既存の治療薬が持つ未知の効果を再評価するきっかけとなり、将来的に認知症治療法の発展に貢献する可能性を秘めています。

ネット上では、「ほんとに効果があるなら良い事と思う」「わざわざED薬飲まなくても、脳血流UPならサウナでいいと思う」「性的な興味がある人はボケにくいというだけではないでしょうか?」などの意見がみられました。

2021年の研究では、アルツハイマー病のリスクを69%低減

最新の研究では、PDE5Iの成分を含むバイアグラのようなED治療薬が、脳への血流を増加させ、脳細胞のエネルギー消費を減らすことで脳の健康を改善し、結果的にアルツハイマー病のリスクを低下させる可能性があることが示されました。この発見は、糖尿病や高血圧を抱える高齢男性において、バイアグラがアルツハイマー病の発症リスクを69%も低下させたという2021年の研究により裏付けられています。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのルース・ブラウアー講師は、「初期のアルツハイマー病患者の間では、この病気の発症を予防したり遅らせたりするための治療法が切実に求められている」と述べています。しかし、2022年に行われた別の研究では、バイアグラやシアリスが高血圧患者のアルツハイマー病リスクを減少させる効果は確認されませんでした。

今回の論文の研究者たちは、研究期間が短すぎた可能性を指摘しています。一方で、鼻をほじる行為がアルツハイマー病の発症リスクを高める可能性があるとも示唆されており、日常の小さな習慣が健康に与える影響について改めて注意を促しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…
  2. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

過去よく見られている記事

  1. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…
  2. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る