第4回ライティングコンテスト佳作

みなさんは「20」という数字が何を表しているかご存じだろうか?

実はこの数字は令和5年6月に総務省情報流通行政局が発行した「自治体における AI活用・導入ガイドブック」で紹介している地方へのAI導入事例の数です。

地方では人口流出による人手不足が社会問題となっており、この問題を解決するためにAIが導入されています。

前半に導入事例の中から特に効果がすごかった青森県の例を、後半はAIが普及していく未来について書いていきます。

これを読むことで地方でどのようにAIが活用されているのかやAIをどのように使っていけばいいかを知るきっかけを掴むことができます。

青森県の現状

青森県はどんなところ?

青森県は本州の最北端にある県で面積は全国8位です。気候は冷涼で、りんごやにんにくなどの産物で全国トップクラスの産地です。

余談ですが、JR飯田橋駅の近くにある青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」に足を運ぶと東京にいながら青森県の雰囲気が体験できます。青森県の名産品はもちろん、地域や名所の資料もあるので今以上に青森県を身近に感じることができます。

人口減少問題

青森県の人口は2000年10月時点で147.5万人だったのですが2023年12月になると118.2万人となり、23年間で29.3万人が減少してしまいました。原因は進学や就職を機に県外へ移住したり晩婚化や未婚化してきたことなどが挙げられています。

29万人は1つの市町村レベルの人口なので減少の影響はとても大きいことが想像できますね。

青森県の人口

人口減少の影響

人口の減少は基盤となる産業やその関連する産業に十分な人手が足りなくなってサービスの質が低下、あるいは提供廃止が起こってしまいます。また、災害や福祉などで助け合いができなくなって十分な対応ができなくなったりします。
人口減少による影響は他の地域にも起こりつつある社会問題で、AIなどの最新技術を導入することで作業の自動化や効率化をして解決する必要がでてきました。

導入されたAIリアルタイム議事録

青森県庁では2019年にAIリアルタイム議事録のシステムを導入することで手作業の文字起こししていた工程をAIが担当することで作業時間を4割削減できました。

このシステムを導入した背景には職員が議事録作成に多くの時間を取られていることにありました。AIを導入することで「作業の作業時間」を削減し、本来の業務に時間を費やせるようになりました。

AIリアルタイム議事録は会議している音声をリアルタイムに文字へ変換してくれるため、従来の議事録作成にあった2つの手作業工程が1つの自動化された工程となったため作業効率が格段に上がりました。

AI導入

地方の未来

AIリアルタイム議事録の応用

青森県庁はAI技術を応用することで聴覚が不自由な児童生徒や職業訓練に通う社会人に対して授業補助をしたり、外国語翻訳を支援したりするなどサービスや福祉の向上を目指しています。

文部科学省の記事によると、身体障害者福祉法で定義される聴覚障害者は30万人ほどになり、生活に支障をきたしている高齢難聴者2,300万人を越えています。

ハンデを抱えた方でもAIなどの最新技術を取り入れることで今よりももっと生きやすい社会になる日が近いです。

人間は本質部分だけを仕事にできる

地方の現場という人や予算、場所の制限がある状況でAIを活用した事例を紹介しましたが、今後のAIはどのようなものになっていくでしょうか?

自分の予想ではAIが次々とルーチンワークを自動化していき、人は対人コミュニケーションや新しいアイデアを創造するなどの本質部分の仕事が多くなってくると思います。

AIは無秩序なデータからパターン化された行動や形などを見つけ出すことが得意です。それをもとにシステムで制御することで自動化できます。しかし、導き出されたパターンから問題を自動的に解決することはできません。つまり、人にしか問題を発見したり解決したりできません。

AIが普及していく未来では、五感で得た知識を組み合わせて問題の本質を掴み、生成AIなどを活用して仮説を立てることで解決していくことが重要になってきます。

今のうちにChatGPTなどの生成AIに触れておくことでAIの使い方を把握し、AIが当たり前となっている時代で付加価値が出せる人材になっておきましょう。

参考文献

ライター:ケン吉

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 松本人志vs週刊文春 5億5000万円の訴訟がついに開始!傍聴席は36.3倍の競争率
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が、女性に性的行為を強要したとする「週刊文春」の報道で名誉を毀…
  2. 「医師の行政処分 34年間で800人は基準が甘い?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師は人々を病気の脅威から守り、人の命を助ける大切な職業の一つですが、医師の行政処分は34年間で80…
  3. YOSHIKIさんと小学館の裁判の第2回口頭弁論が行われた東京地方裁判所
    X JAPANのリーダー・YOSHIKIが所属する音楽事務所・ジャパンミュージックエージェンシー(J…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る