第4回ライティングコンテスト特別賞

図書館で働いていると、本当に様々な人がやってくる。老若男女、色とりどりだが、やはりご年配の方が割合に少し多い。

AIが注目され始めたとき、私はまだ学生だった。自動翻訳や画像認識、ある程度の未来予測までできるというのだから、大したものである。そんなAIに対して危惧していることと言えば、やはり人間が奪われてしまう仕事の数々だろう。

当時の国語の担任はこう言った。
「数学の教師というのは将来なくなる可能性があります。ただ、国語はなくならない」

自慢ではなく、単純に現実を教えてくれたのだろう。私も同意だった。予め答えが決まっている数学や暗記科目は人工知能でこなせるだろうが、採点者の裁量が少しでも関与する国語はやはり人の感情をもってして成り立つ分野だ。とことん文系でよかったな、と安堵したのを覚えている。

そうして大人になった私も、文系の鏡かの如く公共図書館で司書として働いているわけだが、しみじみ思うことがある。果たしてAIはレファレンスという業務をこなせるだろうか、と。

レファレンスというのは、利用者の求める答えを導き出すために資料を検索し、根拠と共に回答を与える作業のことである。わかりやすく言うと、利用者の「あれなんだっけ」を探してあげる作業だ。

一見すると、答えの決まっていることを導き出すのだからAI向きのように思われるが、相手は数式ではない、お年寄りだ。ヨロヨロとやってきたおじいちゃん(おばあちゃん)が開口一番、こう言うのだ。

「昨晩だったか今朝だったか、ラジオであの人が紹介していた本を読みたくてね」

いつ、誰が、どのラジオで紹介したどの本なのか。ヒントが皆無であるが、ここから回答を導き出さなくてはならない。

ラジオを聞いたのは寝る前だったか起きた後だったか、話していたのは男性だったか女性だったか、紹介の中で出てきたキーワードは何か無いか。利用者と会話を重ねていくことで一つ一つ、答えへの糸口を見つけていく。

そう、会話。レファレンスに必要なのは会話なのだ。相手の物忘れが激しかろうが、話し方が下手だろうが関係ない。こちらから歩み寄って、絡まった糸を少しずつ解いていく。途方もなく地味な作業である。たまに話のわからない相手が来ると本当に泣きたくなる。

しかし、それで答えにたどり着いたときの爽快感と達成感はひとしおでもある。AIには譲りたくない感覚。譲ったところで感情を持ち合わせていなければ何の意味もなさない無機物だ、「喜び」や「面白さ」なんてものは。

きっとAIで未来は効率よくなる。セルフレジが増えたように、デパートの案内係もオフィスの事務関係も、続々とAIが替わって担うようになるだろう。人件費は削減されるし、ミスによるタイムロスは減るし、万々歳だ。

しかし、この世は効率だけで回れるほど単純ではない。時には時間なんて構ってられないほど考え込んで、誰かと思いを共有して話し込んで、そうして何かが生み出されていく。これまでのクリエイティブもそうして生まれてきたはずだ。人間から「感情」や「思考」が消え失せない限り、AIが人を支配することはない。なぜなら人間は、AIが得意とする最適解だけを常に追い求めているわけではないからである。

少し重くなってきたので話を戻そう。図書館で勤めていると、様々な人が来る。基本的には、大体の人が本を求めに来ている。基本的には、ということはもちろん例外も稀にいる。

先日、フラリとやってきたご老人が眉間にシワを寄せながら自身の携帯画面を見つめ、しばらくしてカウンターにいた私にこう聞いた。

「今は何時かな」
「15時42分、ですね」
「そうかい、ありがとう」  

そう言って出ていった。時間が知りたかっただけのようだ。携帯を持っていたのに。遠視で見えなかったのかな。

いや、しかし、図書館というのはそういう人のために割と目立つところに時計が設置してある。それに見向きもせず、私に聞いてきたということは、時計の針よりも私が見れるパソコンのデジタル時計のほうが彼にとっては信用に値したのかもしれない。

いやいや、しかし、彼の手首には、それはそれは立派な腕時計さえ着いていた。針が狂っていたのだろうか。それでも外さないのは息子か孫にもらったからなのかな。

謎は深まるばかりである。優秀な人工知能、AI様、貴方にこの謎が解けますか。むしろ謎なんて解けないままのほうがいいというこの面白さが、貴方にわかるのでしょうか。

ライター:皐月

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のバイデン政権は、気候変動に対抗するための一環として、2027年から自動車排気ガスの基準を段階的…
  2. 「あなたのひらめきを支える、デフォルトモードネットワーク(DMN)とは?あえて「集中しない」という選択肢」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    論文や研究がうまくいかずに、悩んでいる方はいませんか?そんな悩みを解決する、脳科学から導き出された考…
  3. 実業家である前澤友作氏が、詐欺広告についてFacebook Japan代表の味澤将宏氏に公開で質問を…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る