リビアで暴風雨が発生 洪水により7,200人が死亡、1万人が行方不明

暴風雨の影響を受け、ダムが決壊するなどでリビアの被害が拡大しています。洪水により7,200人が命を失い、さらに1万人が行方不明となっていることが報告されています。

行方不明者の詳細については、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)が公開しており、想定される死者数に関する情報は、東部に拠点を置く政権の内務省、東部デルナのアブドルメナイム・ガイシー市長が公表しました。

リビアの北東部に位置する地域では、大雨により2つのダムが壊れ、大規模な洪水が発生しました。北東部トブルクの当局によれば、死亡者のうち少なくとも145人がエジプト人であるとのことです。

また、リビア東部を支配する政権のアブドゥルジャリル保健相は地元テレビへのインタビューで、「ダムの水が流れ込んで大きな被害が発生している。東部デルナでは6,000人の行方がわからない」とコメントしています。アブドゥルジャリル氏は11日にデルナ市を訪れ、状況は「壊滅的」と述べました。

ネット上では、「ただでさえ紛争などの対立が続いている中でこれは災難ですね」「ひとりでも多くの方々が助かります様に」「多くの尊い命が失われて、とても悲しいです」などの意見が寄せられています。

デルナ市内では完全に水で覆われているエリアも

デルナ市内においては、いくつかのエリアが完全に水で覆われている状況です。デルナの病院は現在機能しておらず、遺体安置所はすでに満杯となり、遺体が施設の外に置かれているとのことです。

ボランティアで参加しているデルナの医師は、「人々は現在、腐敗しつつある遺体の回収を行っている」と述べています。通信網が不通になっていると見られる中、洪水の映像を目の当たりにし、デルナの住民の家族たちは不安を抱えています。

この困難な状況に対応すべく、多くの国や団体から援助の申し出が寄せられています。12日には、救援物資を載せたトルコの航空機がリビアに到着しました。イタリアも、救助活動を支援するチームの派遣を発表しています。

アブドルメナイム・ガイシー市長は、遺体の収容に当たる要員が不足しているとし、「多数の死者で感染症が起きないか危惧している」とコメントしました。

デルナの人口は約10万人です。現在のリビアの状況を背景に、2つの政権が10年以上にわたって権力闘争を展開していることが指摘されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京地裁は18日、KADOKAWA、集英社、小学館の3大出版社が、かつて日本最大の海賊版サイト「漫画…
  2. 「子どもの医療費 その背後にある過剰医療と不要な受診」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもの健康と安全を守るために、多くのケースで子どもの医療費は「無料化」され、非常に手厚い国からの補…
  3. OpenAIは現地時間3月29日、人の声を再現できる画期的な生成AIモデル「Voice Engine…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る