スタートアップ企業がAIを使って新薬を開発 人間が対象の治験段階

ニューヨークと香港を拠点に活動するスタートアップ、インシリコ・メディシンがAIによる新薬開発を実用化に移しました。その一環として、AIが発見しデザインした薬の第2相臨床試験が米国と中国で始まっています。

注目すべきは、この試験対象となっているのは、肺の難病「特発性肺線維症(IPF)」という未だ効果的な治療薬が見つかっていない疾患です。インシリコは40の施設で、60人を対象に試験を展開します。

彼らはAIを用いて膨大な医療データを解析した結果、IPFの発症や進行に深く関わる特定のたんぱく質を見つけ、その働きを抑える物質を治療薬候補として選出しました。

インシリコの功績はこれだけに留まりません。彼らは2021年以降、肝臓がんや乳がんなど12種類もの新薬候補をAIを使った同様の手法で発見し、既に3つは人間を対象とする治験段階に至っています。

また、AIの活用は創薬分野に留まらず、各種スタートアップへの投資も加速しています。インシリコは、中国複合企業の復星国際や米投資会社のウォーバーグ・ピンカスから出資を受けており、最近では2022年6月に6,000万ドル(約90億円)を調達したとのことです。

また、製薬大手の仏サノフィや米ジョンソン・エンド・ジョンソンとは、インシリコの技術をライセンス供与する形で協力関係を築いており、大手とスタートアップ間の協業も盛んになっています。

この1件に対してネット上では、「なんか怖い」「本当に大丈夫?」といった不安を訴える声があがっています。

AI開発が世界的に加速|ソフトバンクは200億円投資の方針

AIを使った開発、およびAI自体の開発が世界的に加速しています。それは創薬分野だけでなく、幅広いビジネスで活用されています。

つい最近だと、ソフトバンクが独自の生成AIを開発するため、約200億円でスーパーコンピューターを整備する計画を発表しました。自動で文章を作るAIの開発を進める方針で、本格的な活用に向けた新会社を2023年3月に設立しています。

今年度中に整備予定のスーパーコンピューターは、国内トップクラスの計算処理能力を有しているとされ、AI向けの高性能半導体を手掛ける米国のエヌビディアと提携し、スーパーコンピューターの採用を検討しています。

日本でもAIの開発競争が続き、LINEやIT大手のサイバーエージェントも開発に乗り出しました。今後のAI開発の進行・終着点に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  2. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  3. 「トクホって大丈夫?6,500億円市場の特定保健用食品との付き合い方」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    特定保健用食品(トクホ)は、1991年に日本で制度がスタートし、国際的にも注目されているブランドの一…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る