国際刑事裁判所、イスラエルとハマス指導者の戦争犯罪で逮捕状請求へ 両者は猛反発

イスラエルとハマスの対立をめぐり、国際刑事裁判所(ICC)のカーン主任検察官は、双方の指導者5人に対して逮捕状を請求する方針を明らかにしました。

イスラエル側では、ネタニヤフ首相とガラント国防相の2人が対象となっています。カーン主任検察官は、2人が戦争の手段として民間人を飢餓に陥らせたり、意図的に民間人を攻撃したりした戦争犯罪などの責任があると判断しました。

一方、ハマス側では、ガザ地区トップのシンワル指導者やハニーヤ最高幹部ら3人が対象です。2023年10月7日のイスラエルへの襲撃で民間人を殺害したり、少なくとも245人を人質にしたりした戦争犯罪などの責任があるとされています。

カーン主任検察官は、「国際法は全ての人に適用される。歩兵も司令官も政治家も罰を免れることはできない」と強調し、今後さらなる逮捕状を請求する可能性にも言及しました。ICCの予審裁判部は、検察官が提出した証拠などを検討した上で、逮捕状の発行を判断することになります。

ネット上では、「今回の件について双方に対する逮捕状の請求はバランスが取れてるな」「日本を初め米国やG7各国もどう対応するのか気になる」などの意見が寄せられています。

イスラエルとハマス、ICC検察官の決定に猛反発

イスラエルとハマスはそれぞれ声明を発表し、ICC検察官の決定に反発しています。イスラエルのネタニヤフ首相は20日の声明で、「ICCの検察官が大量殺人者であるハマスと民主的なイスラエルを対比したことを嫌悪感をもって拒否する」と主張しました。

一方、ハマスも声明を発表し、「被害者と死刑執行人を同等に扱おうとすることを強く非難する」と反発しています。アメリカのバイデン大統領も、イスラエルの指導者に対する逮捕状請求を「言語道断だ」と非難しました。

バイデン大統領はホワイトハウスでのイベントで、「イスラエルとハマスは同等ではない。いまガザ地区で起きていることはジェノサイドではない。われわれはそうした主張を拒絶する」と述べ、イスラエルの防衛を支援する姿勢を示しました。

ICCが逮捕状を発行すれば、加盟国は対象者を拘束し、裁判所に引き渡す義務を負います。これにより、ネタニヤフ首相らの外交活動が制限される可能性があります。イスラエルはICCに加盟しておらず、今回の決定に激しく反発し、捜査への協力は一切しない構えです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2025年大阪・関西万博で参加国が自前で建設する海外パビリオン「タイプA」の計画が、大幅な遅れに直面…
  2. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…
  3. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る