中国が7月の主要経済統計を発表 「若年層の失業率」の発表は一時停止

8月15日、中国国家統計局は7月の主要経済統計の結果を公表しました。4〜6月期の数値が前年同期比6.3%増となり、市場の予想を下回る結果を受け、下半期に注目が集まっていました。

工業生産の成長率は、6月の4.4%から3.7%へと落ち込んでいます。この低下は、不動産市場の低迷や輸出の減少が影響しています。

また小売業の売上高は、去年の同月と比べて2.5%増となり、6月と比べて伸び率が縮小。主要分野が軒並み下落傾向にあることから、景気回復の勢い鈍化が指摘されています。

これに対し、中国国家統計局の付凌暉報道官は「世界の政治経済情勢は複雑で、内需は依然として不十分であり、経済回復の基盤を固める必要がある」と語りました。また、消費者物価指数も下落の兆しを見せる中、中国政府は「中国経済はデフレではない。将来もデフレにはならない」と明言しています。

しかし、不動産業界は難局に立たされており、「恒大ショック」を引き金に、一部の関連企業がデフォルトの危機を迎えています。特に、1〜6月と比べて7月の不動産市場のデータは悪化が顕著です。中国政府は不動産市場の安定を望むものの、解決の糸口はまだ見えていません。

中国国家統計局が「若年層の失業率」の発表を一時停止

国家統計局の付凌暉報道官は、「2023年8月以降、全国若年層など年齢別の発表を一時停止する」と発言しました。つまり、若年層の失業率の公表は一時的に停止となります。一時停止の背景として、付凌暉報道官は以下のような要因を挙げています。

  • 経済や社会の変化に伴い、統計の方法論の更新や調整が必要となっている
  • 教育の質向上と学びの時間が伸びていることから、若年層の統計の取り扱いに関してさらなる検討が求められている

しかし、中国政府の考えに対して「失業率が高止まりしているからでは?」「再公表のタイミングを見極めているからでは?」などの意見も寄せられています。

実際、6月の都市部調査失業率は5.2%で前月比横ばいでしたが、大卒者を含む16~24歳の同失業率は21.3%であり、2023年4月以降3ヶ月連続で過去最高を更新しています。若年層の失業率上昇は、社会不安や政治リスクにつながる可能性がある現象であるため、中国政府にとって不都合だったのかもしれません。

ネット上では、「中国が示す統計などの数値について信用できない」「失業者が増えて当たり前」「失業者が日本に出稼ぎにくるってことはないだろうな」などの意見があがっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. トヨタ自動車が発表した2023年度のグループ全体の決算で、営業利益が5兆3,000億円に達し、日本の…

おすすめ記事

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…
  3. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る