ランサムウェアで暗号化された企業データをサイバー警察局が復元に成功

関係者の取材によると、データを暗号化して身代金を要求するウイルス「ランサムウェア」について、2022年に警察庁が、暗号化された被害企業のデータの復元に成功していることがわかりました。警察庁が2022年4月に新設したサイバー警察局とサイバー特別捜査隊が、捜査の過程でデータの暗号を解除し、元の状態に戻したとのことです。

そもそもランサムウェアとは、身代金を意味する「Ransom(ランサム)」とSoftware(ソフトウェア)を組み合わせた造語のことです。機密データなどが含まれるファイルを暗号化し、利用不可能な状態にした上で、そのファイルを元に戻すことを条件に身代金を要求するマルウェア(悪意のあるソフトウェア)を指します。

今回復元に成功したのは、「ロックビット」と呼ばれるランサムウェアによって凍結された複数の企業データです。復元に成功した同隊は、国際的な共同捜査への参加も視野に入れており、各国の捜査機関とも情報を共有しているとのことです。

なお、警察庁は「被害を回復した事例は複数あるが、具体的な内容は差し控える」とコメントしています。

ランサムウェア攻撃を受けた76%の企業が身代金を支払っている

最新のデータ保護ソフトウェアを開発している「Veeam Software」は、ランサムウェアに関する調査レポート「2022 Ransomware Trends Report」を公開しました。

この調査レポートでは、過去12ヶ月の間にランサムウェア攻撃の被害を受けた経験がある企業の、ITリーダー1,000人を対象に調査を実施したところ、被害を受けた企業の76%が身代金を支払い、31%の企業がデータの復元に失敗していることがわかりました。

調査対象は、北米や南米、アジア太平洋地域、欧州、中東、アフリカ地域などの16カ国です。CISOやセキュリティ担当者、バックアップ管理者、IT運用担当者が調査の対象となりました。

Veeam Softwareはレポートの内容について、「ランサムウェア攻撃に対する企業の防御策は、依然として不十分であることが判明した」と総括しています。このレポートからわかる通り、世界中の企業がランサムウェア攻撃の被害を受けています。

今回、サイバー警察局とサイバー特別捜査隊がデータの復元に成功しましたが、明確な対処法はいまだ見つかっていません。警察庁による有効的な対処法の普及に期待したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  2. 東京都の合計特殊出生率が0.99となり、全国で唯一1を下回る結果となりました。厚生労働省が5日に発表…
  3. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…

おすすめ記事

  1. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  2. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る