スペースX、最初のスターリンク衛星の打ち上げに成功 宇宙における携帯基地局

イーロン・マスク氏が代表を務めるスペースXは1月3日、世界中の地域に携帯電話サービスを提供する目的で、最初のスターリンク衛星を打ち上げたと発表しました。2日に打ち上げられた21基の衛星のうちの6基は、携帯電話に直接接続できるとスペースXが公表しています。

この新しい衛星群は、携帯電話に直接接続できる「Direct to Cell(ダイレクト・トゥ・セル)」型として設計されており、宇宙における携帯基地局としての役割を果たすことが期待されています。

初期のテストは米国のT-モバイルが担当し、特別な機器なしで4G LTE対応のスマートフォンが利用できるようになるとのことです。スターリンクは2024年後半にテキスト・メッセージング・サービスを開始し、2025年にはより包括的な音声、データ、IoTサービスを展開する予定です。

イーロン・マスク氏は自身のX(旧:Twitter)で「First launch of Starlink Direct-to-Phone satellites(Starlink Direct-to-Phone 衛星の初打ち上げ)」というメッセージとともに、衛星の打ち上げ動画を投稿しました。

ネット上では、「孤立集落との連絡手段に良さそう」「民生では大したことなくても、軍事的な使い道が多そう」「能登の地震とか、災害向けにも使えそうですよね」など、さまざまな意見が寄せられています。

「あらゆる場所でモバイルネットワークへの接続を可能に」

イーロン・マスク氏は打ち上げ成功した衛星に対し、「地球上のあらゆる場所でモバイルネットワークへの接続を可能にするものだ」と説明しています。しかし、この技術には限界があるとも指摘しており、「このソリューションは、携帯電話がつながらない地域にとってはすばらしいものだが、既存の地上のネットワークと比較すると、実質的な競争力はない」と語りました。

一方で、スターリンクは空が見える場所ならどこでも接続可能であるとも強調しています。最終的に世界中の顧客に展開する計画で、「顧客はシームレスな接続を維持できる」とコメント。スペースXは提携先のT-モバイルに加え、オーストラリアのOptus、カナダのRogers、ニュージーランドのOne NZ、日本のKDDIなど、複数の通信事業者との提携を発表しています。

最終的には4万2,000基の衛星を宇宙に送り込む計画で、現在は1万2,000基の衛星コンステレーションを目指していることが報じられています。打ち上げデータを集計したレポートによれば、2023年末時点で5,000基以上が投入されているとのことです。今後のスペースXの活躍に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…
  2. 神奈川県大井町の東名高速で起きたあおり運転による追突事故で、一家4人を死傷させた無職の男性(32)に…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る