スペースX、最初のスターリンク衛星の打ち上げに成功 宇宙における携帯基地局

イーロン・マスク氏が代表を務めるスペースXは1月3日、世界中の地域に携帯電話サービスを提供する目的で、最初のスターリンク衛星を打ち上げたと発表しました。2日に打ち上げられた21基の衛星のうちの6基は、携帯電話に直接接続できるとスペースXが公表しています。

この新しい衛星群は、携帯電話に直接接続できる「Direct to Cell(ダイレクト・トゥ・セル)」型として設計されており、宇宙における携帯基地局としての役割を果たすことが期待されています。

初期のテストは米国のT-モバイルが担当し、特別な機器なしで4G LTE対応のスマートフォンが利用できるようになるとのことです。スターリンクは2024年後半にテキスト・メッセージング・サービスを開始し、2025年にはより包括的な音声、データ、IoTサービスを展開する予定です。

イーロン・マスク氏は自身のX(旧:Twitter)で「First launch of Starlink Direct-to-Phone satellites(Starlink Direct-to-Phone 衛星の初打ち上げ)」というメッセージとともに、衛星の打ち上げ動画を投稿しました。

ネット上では、「孤立集落との連絡手段に良さそう」「民生では大したことなくても、軍事的な使い道が多そう」「能登の地震とか、災害向けにも使えそうですよね」など、さまざまな意見が寄せられています。

「あらゆる場所でモバイルネットワークへの接続を可能に」

イーロン・マスク氏は打ち上げ成功した衛星に対し、「地球上のあらゆる場所でモバイルネットワークへの接続を可能にするものだ」と説明しています。しかし、この技術には限界があるとも指摘しており、「このソリューションは、携帯電話がつながらない地域にとってはすばらしいものだが、既存の地上のネットワークと比較すると、実質的な競争力はない」と語りました。

一方で、スターリンクは空が見える場所ならどこでも接続可能であるとも強調しています。最終的に世界中の顧客に展開する計画で、「顧客はシームレスな接続を維持できる」とコメント。スペースXは提携先のT-モバイルに加え、オーストラリアのOptus、カナダのRogers、ニュージーランドのOne NZ、日本のKDDIなど、複数の通信事業者との提携を発表しています。

最終的には4万2,000基の衛星を宇宙に送り込む計画で、現在は1万2,000基の衛星コンステレーションを目指していることが報じられています。打ち上げデータを集計したレポートによれば、2023年末時点で5,000基以上が投入されているとのことです。今後のスペースXの活躍に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  2. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  3. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る