TikTok従業員がアメリカ人記者の個人情報を不正収集 バイトダンスは社員4名を解雇

中国系のショート動画投稿アプリ「TikTok」運営会社の従業員が、アメリカのジャーナリストや民間人の個人情報を不正に収集していたことが、22日にニューヨーク・タイムズ(NYT)の報道で判明しました。

NYTによると、不正を行ったアメリカ在住の社員2名と中国在住の社員2名は解雇され、リークした者の摘発には失敗したとのことです。個人情報を収集していた目的は、取材を担当している複数の記者の情報源を明らかにするためだとされます。

米誌フォーブスは10月に、TikTok運営会社のバイトダンスが中国の拠点から記者を監視していると報道しました。同社は米国政府やジャーナリストを標的にしていないと説明したものの、実際には個人情報を不正に収集していました。

収集していた情報はIPアドレスであり、地域などを割り出して従業員との接触の有無を調べようとしていたとのことです。情報収集の被害にあった記者は、バズフィードのエミリー・ベイカー-ホワイト氏と、フィナンシャルタイムズのクリスティーナ・クリドル氏の2人です。さらにNYTによると、記者2人と関係性のあるほかのアメリカ人も標的にされていたとのこと。

バイトダンスは監査とリスクチームの活動を制限し、同チームからアメリカのデータへのアクセスを禁止にするとしています。また、バイトダンスの梁汝波CEOは、「我々が多大な努力を払って築き上げてきた国民の信頼は、数人の個人の不正行為によって大きく損なわれるだろう」と、従業員向けの電子メールで述べました。

アメリカ政府はTikTokの利用をさらに警戒

14日、連邦政府関係の端末にTikTokのダウンロード・利用を禁止する法案が、米上院で可決されました。それ以外にも、アメリカ国内でのTikTok利用を全面的に禁止する法案も発表されています。

アメリカ政府は今回の情報流出が明らかになったことで、TikTokの利用をさらに警戒・危険視しています。国民や政府の情報漏えいを考慮し、TikTokの利用が国内で全面的に禁止される可能性も十分にあるでしょう。

またTikTokへの不信感は、アメリカだけでなく日本にまで広がっています。今回の1件を知った日本人は、「やっと本性をあらわしたな」「トランプ大統領はやはり正しかった」「日本からTikTokを追放しなくちゃダメでしょ」などの反応を示しています。バイトダンスの今後の対応に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 医学の可能性を切り開くために命を賭けた勇気ある女性、リサ・ピサーノ氏が7日に亡くなりました。リサ・ピ…
  2. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…
  3. 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者であるジュリアン・アサンジ氏が、英国での5年以上に及ぶ拘束か…

おすすめ記事

  1. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る